サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

サッカーの最初のパスはインサイドキック!サッカーを始めるあなたへ

更新日:

サッカーの最初に覚えるキックの種類はインサイドキックです。

パス練習から始めますが、インサイドでのパスは簡単で初心者でもすぐにできるようになります。

基本のキックなので、プロの試合中でもたくさん使われています。

1.インサイドキックとは?

インサイドキックとは名前の通り、インサイドで蹴るキックのことです。

インサイドというのは足の内側の部分のことで、内側のくるぶしの下です。

硬いものが当たっても痛くない部分があります。

そこで蹴ると、強く当たっても痛くないです。

足首を直角に固定して、その部分にボールをジャストミートさせるように蹴ります。

バウンドボールや、浮いているボールを蹴るときには、上から下にボールを落ち着かせるように蹴ります。

止まっているボールを蹴るときは膝から下を振り子のように動かすことで蹴ることができます。

なので、助走がなくても簡単に蹴ることができます。

軸足はボールの横がベストですが、多少は前後しても大丈夫です。

インサイドキックはサッカーのパスの基本です。

なので、いつでもインサイドキックですべてプレーすることができます。

インサイドキックで長距離パスを出す時には、ボールの下半分を少し上向きに力をかけるようにすると浮いた球が蹴れます。

逆に近くの距離でのパスは弱くなりがちですが、試合中はあまり弱いパスを使うと相手にカットされてしまうので、強めにパスを出す必要があります。

そのための微調整もインサイドなら簡単にできます。

2.蹴り方を限定したリフティング

インサイドキックのパスの練習でオススメなものは、インサイドだけを使用したリフティングをすることです。

リフティングと言えばインステップでやるのが一般ですが、インサイドでだけでリフティングすることでインサイドのパスの上達につながります。

最初はなかなか難しく10回連続でやるのがやっとかもしれません。

しかし、上達してきたらボールの蹴る位置がわかってくるので次に蹴りやすいように調整できるようになります。

リフティング練習はボールがあれば一人でできるので、サッカーの自主練にうってつけです。

この蹴り方を限定したリフティングの練習方法は、インサイドだけじゃなく他の蹴り方でもできます。

br num="1"]

3.試合ではいつ使われている?

試合ではインサイドのパスはいつ使われているかというと、いつでも使われています。

インサイドはパスの基本であるので、ここぞという時に安心して使えます。

失敗も少なく、安定感もあるので、無理したくない時にも良いです。

また、基本の蹴り方ですが強弱長短の応用がききます。

なので、近くへのパス、遠くへのパスの両方に使えます。

ボールの蹴る位置を変えるとグラウンダーでも浮き球でも使えます。

プロの試合でも、多くのパスがインサイドキックで出されています。

少年団などの子どもの試合ではほとんどがインサイドキックでのパスです。

-サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.