サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

正しいアウトフロントキックの蹴り方|サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

アウトフロントキックはどういう蹴り方で、どんな時に使えるのかをみてみましょう。

サッカーのゲームの中では、アウトフロントキックは、あまり多く使うキックではないので、どのようなときに使うキックなのかも合わせてみてみましょう。

1

.アウトフロントキックはどの部分でどうやって蹴るの

アウトフロントキックは、インフロントキックに対して、内側と外側という関係になるので、足の薬指の辺りを使って蹴るキックです。

蹴り方は、右足でキックする場合だと、ボールの左下の部分をこするように蹴ります。

右斜め後方から助走をして、ボールの斜め後ろで踏み込みましょう。

この時、立ち足はキックする方向に対して斜めのままで踏み込みましょう。

立ち足がボールの真横に入ると蹴り足がうまく振り切れないのですこし後ろぐらいがよいでしょう。

足の外側を使って蹴るのは、イメージはしにくいし、蹴りにくそうと感じる人が多いかもしれませんが、蹴ってみると意外と蹴りやすいと感じる人も多いと思います。

アウトフロントキックの蹴り方に慣れるためには、短い距離から始めてみましょう。

練習メニューとしては、最初は一歩踏み込んでアウトフロントでボールをこする感覚で、軽く転がしてみましょう。

立ち足の位置と蹴り足のボールをミートする感覚をつかむことができれば上達につなげることができます。

ボールは軽く回転しながら真っすぐかわずかに曲がる程度だと思います。

感覚がつかめてきたら、次の練習メニューとして、距離を伸ばして、助走を増やして強く蹴ってみましょう。

蹴り方がつかめると、だんだんボールスピードが上がって、カーブも大きくなってくるでしょう。

さらに、ボールのミートする位置を地面に近づけていきましょう。

インフロントキックと同じように、足を差し込むようにすると、浮き球になってきます。

回転をかけているので距離が出てくるとカーブも大きくなっていきます。

慣れてくると、ワンステップくらいの助走で浮き球のキックができるようになります。

あまり、アウトフロントキックにこだわる選手は多くはありませんが、ここまで上達すれば、試合でのキックのバリエーションが広がるのでお勧めです。

2.アウトフロントキックはどんな時に使うの

簡単に言えば、インフロントキックとボールの回転や曲がり方などは逆の動きになります。

つまり、どんな場面で使えるかというと、インフロントキックと同じと考えていいと思います。

しかし、インフロントキックと大きく違うのは、蹴り方の特徴としてキックのモーションが小さいということです。

相手選手の意表を突いたパスやシュートがねらいやすい蹴り方です。

助走もバックスイングも小さく蹴れるので、トラップやドリブルから体勢の変化が必要ないということも、アウトフロントキックの特徴です。

相手の意表をついてプレーするというサッカーの醍醐味を味わうのに、アウトフロントキックに適したキックといえます。

-サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.