サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

サッカーの試合の決め手であるルーズボールを拾う練習

更新日:

サッカーの試合に置いて、ルーズボールを拾えるか拾えないかによって、試合がかなり左右されます。

ルーズボールとは、相手と味方が競り合った際に、相手も自分も所持していない状態のボールのことを言います。

このルーズボールを所持できるかできないかで自分たちがボールを所持できる時間が変わってくるため、自分たちが攻めている時間も増えてきます。

ルーズボールを取れる練習を行い、試合を自分たちの思うようにできるようにしましょう。

1.ルーズボールをゲットするため

基本的な筋肉トレーニングと言って、何が思い浮かびますか?

ルーズボールを取るために必要な技術はズバリ嗅覚です。

ただし、嗅覚は自分自身で練習して身につくものではありません。

天性的に身につくものなので、嗅覚が持っている人は思う存分、ルーズボールを取りに行きましょう。

ただし、ルーズボールを取りに来るの相手も同じです。

ここで負けないような練習をしましょう。

例えば、3人1組のチームを作り、3人の中から1人を出して、1対1で競り合わせて他の2人でルーズボールを取り合うという練習がオススメです。

この練習だと本番さながらのシチュエーションを再現できるため、上達への一歩になると思います。

2.より本番を意識したルーズボール対策

最近、よりサッカーのゲームを意識するのであれば、ルーズボールを取る練習だけでなく、取ったあとのことも考えなければいけません。

取った後はボールを持っている位置によって、アクションを変えなければいけません。

なので、練習をポジションごとに変えて行うのも効果的です。

DF、MF、FWごとにチームを分けて、ルーズボールを取り合うまでの流れは一緒ですが、
取った後のアクションをそれぞれ分けましょう。

DFはルーズボールを拾ったあとはクリア、MFは取ったあとは味方にパス、FWは近くのコーンの間をドリブル通過など、様々な方法があります。

ここは少し工夫するとシュート練習に結びつけたりすることもできます。

より本番のシチュエーションを意識することで、選手のルーズボールを持ってからのアクションの上達に繋がっていくと思います。

3.本番で活用する能力

ルーズボールは正直、本番まで予測不能でどの位置に落ちるか、どんな選手がいるのかは本番までわかりません。

もしかすると、自分よりも練習を積んでいてルーズボールを取るのが上手い選手が相手にいるかもしれません。

はたまた、サッカーをよく理解している選手もいるかもしれません。

なので、ひたすら実践の中でルーズボールを確保する練習を行いましょう。

-サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.