サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

リフティングの練習方法|みるみる上達するサッカー

更新日:

サッカーの上達には、自由自在にボールを操ることが必要になってきます。

キック、パス、ドリブル、トラップ、ヘディングすべてにおいてボールと体の感覚が身についていれば、より早い上達につながってくるでしょう。

つまり、リフティングの練習は、サッカーの上達に欠くことができないものなのです。

1.なぜリフティングを練習するの

サッカーのリフティングが上達するとゲームでどんな変化が起こるでしょう。

①ボールを自分の思い通りにコントロールできる。

②様々な状況のボールを思い通りにトラップすることができる。

③蹴りたいボールをイメージして思い通りのキックができる。

④いろいろな動作において思い通りに身のこなしができる。

どうでしょう、しつこいくらい「思い通り」という言葉を使いました。

イメージを体で表現し、それをボールに伝える、それがサッカーではないでしょうか。

試合中に、ボールを落とさずに何回突けたとか、ボールを落とさずに何メートル進めたとか、そんなことのためではないのです。

リフティングが何千回できるとか、すごくアクロバティックな技ができることは、それはそれで楽しい、うれしいことですが。

それが試合の結果に直結するわけではありません。

まずは基本的なリフティングが確実に50回できるようにしましょう。

50回続けられるということは、リフティングの基本技術が習得できたということです。

上達のためには、焦らず毎日コツコツ練習することが習得への早道です。

2.基本のリフティングのこつ

それぞれのリフティングについてみていきましょう。

インステップリフティング➡足の甲を使ってリフティングをします。

足の指をグーにするようにして足首を伸ばして足の甲に当てます。

ボールが胸から頭くらいの間の高さがいいでしょう。

高すぎたり、低すぎたりすると連続で行うことが難しくなります。

立ち脚も軽く曲げ伸ばしをしながらリズムを整えましょう。

インサイドリフティング➡足の内側を使ってリフティングをします。

足の内側のかかと側の固い部分でボールを弾きましょう。

ボールが真っすぐ上に上がるようにしましょう。

右足だけ、左足だけ、左右交互になど条件を変えてみるのもいいですね。

アウトサイドリフティング➡足の外側を使ってリフティングをします。

足の外側のくるぶしの下側でボールを弾きましょう。

弾いたボールが真っすぐ上がるように練習をしましょう。

ももでのリフティング➡ももを使ってリフティングをします。

ももが地面と水平になるよう上げながらボールを弾きましょう。

右だけ、左だけ、左右交互になど条件を変えてみましょう。

ヘディングでのリフティング➡おでこを使ってリフティングをします。

ボールが真っすぐ上がるように首の角度を調節しましょう。

ボールを弾くためには、膝の上下が欠かせません。リズムよく上下させましょう。

どこでも50回以上を目指して練習に取り組みましょう。

-サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.