サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

インサイドでのトラップのやり方・使い方 | サッカーのトラップ

更新日:

サッカーにおいて、トラップはとても重要なプレーの一つです。

その中でも、インサイドを使ったトラップは、その使い方もたくさんありますので、マスターしておかなければならない技術の一つといえます。

1.ボールを止める

サッカーにおける技術を上達させるには、トラップをマスターすることも重要なポイントの一つです。

サッカーでは、パスをつなぐことが多く、味方から受けたボールをいかに自分がプレーしやすい場所に置くかということが求められます。

そのことを考える上で、トラップの技術というものは非常に重要になってくるのです。

サッカーにおいて、ボールを止める技術はなくてはならないものですし、トラップの技術が高ければ選手としての幅も広がってきます。

技術が高い選手は、味方からの信頼を得ることができますので、ボールが集まりやすくなってくるのです。

トラップの技術は、個人が上達すれば、自分の間合いでは自信をもってプレーする要素になってきますし、それが味方にわかってもらえれば、大きな信頼を得ることもできるものなので重要な技術なのです。

2.インサイドを使ったやり方

インサイドを使うトラップは、サッカーの中でも重要なトラップになってきます。

サッカーにおいて、トラップは色々な場所を使って行いますが、その中でもインサイドは非常に使い勝手の良いトラップをする場所と言えます。

インサイドでトラップができれば、空中にあるボールを受けることも出来ますし、地面とインサイドとでボールを挟むことによって、次の動作に素早く移ることも出来ます。

どちらにしても、インサイドは、非常に使いやすいトラップであると言えます。

サッカーでトラップをするにあたって、 インサイドは非常に使いやすい場所であります。

自主練などでインサイドは徹底的にトラップの練習を行っていくべきです。

3.使い勝手の良さ

インサイドでトラップをすることは、使い勝手が非常に良いという側面があります。

インステップや、足の裏を使ってしまうとボールをストップするような形になりますので、次の動作が行いにくくなってきます。

それに比べて、インサイドで前に押し出すようなトラップをすれば、一気にボールを前へ運ぶことができますので、次の動きがしやすいのです、

ですから、インサイドを使ったトラップを行うことで、次の動きへスムーズに移行でき、プレッシャーを受けることなくパスやシュート、ドリブルへと展開がしやすくなります。

そういった意味でも、インサイドを使ったトラップと言うのはサッカーの中で使い勝手が良く、上達しておいて損はありませんし、どのようなカテゴリーになっても上達するための練習を怠ってはいけないものと言えます。

-サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.