サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

正しいインサイドキックの蹴り方|サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

サッカーのキックにおいて基本的な蹴り方の1つにインサイドキックがあります。

インサイドキックはどうやって蹴ればいいのか、どういう練習メニューで上達するのかみてみましょう。

1.インサイドキックはどの部分でどうやって蹴るの

インサイドキックは、その名の通り足の内側の部分で蹴るキックのことです。

ボールに当たる部分が広くて平らなので、安定して正確なキックを行うことができます。

ボールを足の内側に当てるためには、どういう蹴り方をしたらよいでしょうか。

自分の正面にいる味方にインサイドキックでパスをするとします。

その時の蹴り方は、立ち足を真っすぐ正面の味方につま先が向くようにします。

次に、蹴り足は足の内側が正面の味方に向くようにします。

上から見ると立ち足と蹴り足が垂直の関係になりますね。

普段私たちの足の位置関係は平行の関係になるので、この蹴り方は、最初は少し難しく感じるかもしれません。

蹴り足のつま先を外側に向けるように意識するのがインサイドキックの構え方を作るコツです。
慣れてくると抵抗なく形作ることができるでしょう。

そして、蹴り足の前のボールに足の内側を真っすぐ当てることで、ボールも真っすぐ正確に転がっていきます。

蹴り足は、つま先を外にした状態で、立ち足のひざを曲げて、正面に向かって押し出す感じになります。

足の形が特殊な分、少し体勢も不安定になるので、立ち足のひざを柔らかくすること。

また、腕を少し開くこと。などで体全体のバランスを保つことが大切です。

2.インサイドキックはどんな時に使うの

蹴り方からわかるように、インサイドキックでは、あまり遠くまでボールを飛ばすことはできません。

一番多用されるのは、近くの味方に確実にパスをつなぎたい場合です。

強烈なキックにはなりませんが、逆に味方にとっては、ボールが来る位置もわかりやすく、トラップも容易にしやすいボールが受け取れます。

シュートの場面でも、インステップキックで強烈なシュートを打つ場合もありますが、場面によっては、インサイドキックで確実にゴールにシュートを入れるような場合も見られます。

確実性、正確性を求めるときはインサイドキックを使うとよいでしょう。

しかし、距離が遠くなればなるほど、ボールが失速してしまいますので、遠くの味方へのパスや長い距離でのシュートは失敗の可能性が高くなってしまいますね。

足が垂直の位置関係になる特殊な体勢なので、練習メニューでは向かい合ってのパス練習やトラップ練習などで体に覚えこませて上達をめざすことが大切です。

また、どのくらいの距離ならどのくらいのスピードでパスすることができるかを確かめておくのも上達に向けて大切なことです。

-サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.