サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

効果的なボールタッチトレーニングとは?|サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

サッカーは、主に足でボールを扱う競技です。

そのため、足でボールタッチすることが中心となり、その技術を向上させるボールタッチトレーニングは、基礎的トレーニングの段階において大変重要です。

1. いろいろなボールタッチトレーニング

サッカーでは、いかに上手にボールを足で扱うことができるかが大きな鍵となります。

ボールタッチトレーニングを行うと、足を使ってボールを扱う感覚を身に付け、サッカーの試合でもしなやかにボールを扱うことができるようになります。

ドリブルにおいて、「ボールを引く」「相手の横を抜ける」「進行方向を変える」「ボールを引いてから横を抜ける」などいろいろな動きがあります。

一つの動作であったり、二つ以上の動作が連続して行われたりしています。

ボールタッチトレーニングでは、足のいろいろな部位を使って、様々なボールタッチが上達するよう練習をしていきます。

一つの動きを左右交互に繰り返したり、複数の動きを組み合わせたりしながら行うことで、体とボールが調和して動かせるようになります。

いろいろな練習メニューを通して、ボールと足の感覚をつかみ、スムーズなボールタッチを手に入れることで、実戦に生きるボールコントロール技能を上達させることができます。

2.ボールタッチ上達のための練習メニュー

サッカーのボールタッチトレーニングをみていきましょう。基本の練習メニューです。

ソールタップ➡ボールを足の裏のつま先側でタッチします。基本は、左右交互に足を入れ替えて行います。

トータップ➡足を肩幅くらいに開いて、間にボールを置きます。インサイドで軽く当てて逆の足の方にボールを転がします。ボールが足の間を往復するようにします。

シザース➡ボールを体の内側から外側へまたぎます。フェイントとして使われる動きです。

ステップオーバー➡ボールを体の外側から内側へまたぎます。シザースと逆方向のまたぎ方です。

ストップ➡ボールを足の裏で止めます。重心は立ち足にかけて、次の動きがすぐにできるようにします。

テイク➡ボールを足のアウトサイドでタッチします。

「ストップテイク」はボールを足の裏で止めて、すぐ同じ足のアウトサイドでタッチをする複合技になります。

ロールオーバー➡ボールの上側をインサイドから足の裏をなめるように移動させて、ボールを転がします。

カット➡ボールを切り返します。180度方向が変わります。

プルアクロス➡ボールを足の裏で掻くようにタッチをして反対側の足の方へ転がします。連続ですると、ボールは、両側の足を行ったり来たりします。

プル➡ボールを足の裏で引きます。

プッシュ➡ボールを押し出します。

以上、いくつか基本のボールタッチを紹介しました。

いくつかを組み合わせて行うことで、練習メニューも豊富になります。

サッカーで大切なのは、ボールタッチを行いながら「体のバランス」が崩れないこと。

「リズム」よく行うことです。

-サッカーのボールタッチ・リフティングの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.