サッカーのシュートの上達法

サッカーのシュートする時の目線を見る

更新日:

サッカーでシュートをする時にキッカーの目線を見ることは、どこに蹴るのかを予測する最良の手掛かりになります。

特にペナルティキックはキッカーとゴールキーパーの駆け引きで得点になるかどうかが決まるので、目線を確認することは必須です。

1. ボールが足に当たる瞬間の目線

サッカーでボールを蹴るときには、しっか最後までボールをよく見て蹴ると最初は習います。

これは空振りしないように気を付け、キックを上達させるためです。

ボールとの位置関係がしっかりと体に染みついたら、ボールからを話す時間が長くなってきて、見ていなくてもキックできるようになります。

最終的にはボールに足が当たる瞬間だけ足元を見て、蹴る瞬間の目線は蹴りたい方向に向けます。

目線をやると意識がそこに向かうので、ボールも思ったところに飛ぶようになります。

また、よりボールに力を伝えたいときには目線の放屁重心を置くようにします。

そうすることボールに伝わる力が大きくなり、より強く蹴ることができます。

これを活用できる最大の場面がシュートです。

サッカーではシュートをして得点を決るのが目的なので、できるだけ精度のいいシュートを放ち、得点して優位に立って試合展開を進めたいです。

2.ペナルティキックのかけひき

サッカーのペナルティキックは、ペナルティエリア内での守備側の反則時に与えられるキックで、ゴールキーパーとキッカーとの一対一の戦いです。

この時によく行われる駆け引きの要素が、目線です。

ゴールキーパーはキッカーの目線を見てどちらに飛ぶかを判断します。

より強く速い球の方がゴールネットを揺らす確率があがるので、強いシュートを打とうと思うとどうしてもそちらに意識がいくので目線もそちらに向いてしまいます。

上級者になると、それすらも作戦にしてしまい、目線と逆にシュートを決めます。

なので、ゴールキーパーはその心理戦に勝たなければなりません。

予測して飛ぶ人が多いですが、まれにボールが蹴られてから反応する人もいます。

どうしてもボールがシュートされるスピードよりもゴールキーパーがジャンプするスピードの方が劣りますが、極限まで集中力が高まると、反射的にボールの方へ飛ぶことができます。

これを上達させるためには、場数を踏むしかありません。

ペナルティキックはゴールキーパーにとっては、避けて通りたいもの。

しかし味方のやむを得ないディフェンスによってなってしまうのだから仕方がありません。

まずは落ち着いて、いつ飛ぶのか敵の目線はどちらに向いているのかを冷静に判断します。

この時に焦りや緊張を見せないことで、相手へのプレッシャーになります。

これも駆け引きの一つです。

短い時間で判断して、どこにシュートが来るのか考えます。

緊張しているのは自分だけではないと思うと楽です。

相手選手も何とか点が欲しいと思っていますので、肩の力を抜き、駆け引きに備えましょう。

-サッカーのシュートの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.