サッカーのシュートの上達法

正しいインステップキックの蹴り方|サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

サッカーにおいてボールを蹴ることが多く占める競技です。

足を使ってボールを蹴る場合は、いくつかの基本的な蹴り方が挙げられています。

今回は、インステップキックの練習方法についてみてみましょう。

1.インステップキックはどの部分でどうやって蹴るの

インステップキックは足の甲を使って蹴るキックです。

通常の靴だと靴ヒモが通されている部分です。

地面にある静止したボールをインステップキックで蹴る方法をみていきましょう。

ボールを飛ばす距離にもよりますが、3~5歩ぐらい助走距離をとります。

立ち足は、ボールの真横の握りこぶし1個分、間をあけたところに踏み込みます。

蹴り足は、脚の付け根、ひざの両方を後ろに振ります。

立ち足の踏み込みに合わせて脚を前方に振ります。脚の付け根とひざが二重の振り子のような振り方になります。

インパクトの瞬間は、足の指をグーにして足の甲が伸びて固い状態にします。

上体はインパクト前の反った状態から、インパクト後は前かがみになっていきます。

踏み込みの最後の1歩を少し大きくすることが、キックの力をボールに伝えるために大切です。

この説明だと、ボールに向かって真っすぐ助走をして真っすぐボールが飛んでいくイメージですね。

少し蹴りづらいと感じる人もあると思います。

その場合は、少し斜めから助走に入って、足も斜めの状態でボールの中心をとらえる蹴り方でもいいと思います。

蹴り方の感覚がつかめたら、いろいろな練習方法でインステップキックの上達を目指しましょう。

上達のための練習メニューとして、少し前に転がして、転がっているボールをインステップキックでシュート。

前方や斜め前方から転がってくるボールをインステップキックでシュート。

浮き球でバウンドしているボールの、落ちてくるところ、上がってくるところなどをインステップキックでシュート。

いろいろな状況を想定した練習方法に取り組むことが実戦で生きてきます。

それぞれ力の伝え方が変わってくるので、いろいろな練習メニューで上達を目指しましょう。

2,上達を目指す基礎練習

インステップキックは、どちらかというと正確性に欠ける蹴り方になります。

ボールに勢いはつけられても、どこに飛んでいくかわからない、ということです。

その原因は、ボールをミートする面が安定していないからです。

ですから、正確にミートできるような練習メニューで基礎練習に励みましょう。

一番大切なのは、足の甲の中心でボールの中心をとらえることです。

練習メニューとしては、二人で向かい合って、下投げで脛のあたりをねらってボールを投げてもらいます。

そのボールをインステップキックで相手の胸めがけて蹴り返します。

ボールが真っすぐ飛ぶこと、ミートの瞬間に足の指をグーにして足首を固定することを意識して練習に取り組みましょう。

何よりもボールをよく見て中心を蹴るようにしましょう。

3.インステップキックはどんな時に使うの

インステップキックでインパクトする足の甲は、触ってみればとても堅いことがわかります。

ですから、きちんと当てて、しっかり振り抜けばとても速くて勢いのあるボールが飛んでいきます。

特に、低くて、速くて、強いボールを蹴りたいときにこのキックがよく使われます。

ゲームの中では特にシュート場面でしょうか。

速くて、強いという特徴がありますが、逆に正確性に欠けるという特徴もあるので、そこも考えてチョイスしましょう。

しかし、しっかり練習をしてボールの中心をしっかりとらえる練習をしていけば、正確性も上がりますから、頼もしい武器となるはずです。

-サッカーのシュートの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.