サッカーのシュートの上達法

正しいシュートの蹴り方 | サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

今回は、サッカーでシュートを打つ際の正しい蹴り方を紹介します。

1.自分にあった蹴り方

サッカーでシュートを打つ際の蹴り方は人によって様々です。

どういったシュートを打つかによってもフォームが変わってきます。

強いミドルシュートを打つ時とゴールへパスをするような優しいシュートを打つとき、ループシュート打つ時では蹴り方はバラバラです。

シュートの練習メニューを行う際に自分にあった蹴りやすい蹴り方を見つけるのがいいでしょう。

シュートを打つ際に蹴る方の足ばかり気にしがちですが、軸足もとても重要です。

軸足の位置によってボール浮きやすくなったり、軸足の向きによってシュートの方向が変わったりします。
シュートの練習メニューを行う際などは軸足にも意識して練習を行いましょう。

2.シュート練習を繰り返す

シュートの蹴り方を練習する際に、プロのサッカー選手や上手なチームメイトの真似をしてみるのは悪くはありません。

プロのサッカー選手や上手なチーム名との蹴り方はフォームもきれいでとても参考になるでしょう。

ですが、一つだけ注意してほしい事があります。

それは、完璧に真似をしたからといって同じようなシュートが打てるとは限りません。

真似をしている人とは、身長や体重、足の長さや足の大きさなどが違うため完璧に真似をしても同じシュートを打てるとは限りません。

真似をする時はあくまで参考程度にしてシュート練習を地道に繰り返すのは一番の近道です。

特別な練習メニューを用意しなくてもシュート練習をする際に蹴り方や軸足の位置を意識して練習をする事で十分です。

サッカーの練習はどれもすぐには結果が出ない事が多いですが、継続していれば必ず結果が出ます。

諦めずに継続して自分なりの蹴り方を体に覚えさせましょう。

いきなり、いろんな蹴り方を練習するのは大変だと思います。

ですので、少しずつ蹴り方の種類を増やしていくように練習しましょう。

-サッカーのシュートの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.