サッカーのシュートの上達法

サッカーの試合でバナナシュートを決めるための練習方法

更新日:

サッカーの試合でバナナシュート決めるための練習方法です。

1.バナナシュートとは

バナナシュートとは、サッカーボールをバナナのようにボールをカーブさせて蹴るシュートです。

真っすぐ蹴っては相手に当たってしまう場面でも、カーブを掛ければ相手に触られずにボールが飛んでいきます。

試合でバナナシュート、バナナパスが使えるようにたくさん練習しましょう。

2.バナナシュートの蹴り方

バナナシュートを上達させるために、まずはストレートのボールを蹴る練習をしましょう。

しっかりとサッカーボールの芯を蹴って、真っすぐ飛ばせるようにします。

それが出来るようになってからでないと、特に子どもは変な癖がついてしまうので、注意しましょう。

バナナシュートは、ボールの端っこを蹴ります。

最初は強く蹴らなくよいので、ボールに回転をかけるということだけを意識して蹴ってみましょう。

次に、少しボールを浮かすために、ボールの端っこ、さらに下から掬いあげるようにして蹴る練習をしてみましょう。

下から上に蹴り上げ、強烈な回転をかけるイメージです。

一気に難易度が上がるので、何回もチャレンジして、上達できるようにしましょう。

回転をかけるという感覚が掴めたら、少し長い距離でチャレンジしてみます。

2.バナナシュートの練習方法

2人組を作って、1定の距離を取り、2人の真ん中にコーンを置きます。

真っすぐ蹴ってはコーンに当たってしまいますが、カーブを掛けられれば当たりません。

これによって、カーブをかけるという意識は強くなるはずです。

次に、ゴールを使います。

コーナーキックの場所からキックの練習をしましょう。

コーナーキックからゴールを決めるということは、当然カーブがかかっていないと決まりません。

最初は、GKは置かずに、ゴールに入るようにたくさん練習しましょう。

3.自分のキックの曲がり幅を知る

上達してきたら、自分の曲がり幅を知るようにしましょう。

どこを向かって蹴れば、実際に曲がってボールが飛んでいくのかが重要になってきます。

例えば、コーナーキックからゴールを狙う場合、PKスポットを狙ってボールを曲げればゴールに入る選手もいれば、ゴールラインを狙ってボールを曲げればゴールに入る選手もいると思います。

練習中に自分の曲がり幅を知って、試合でかっこいいバナナシュートを決められるようにしましょう。

ゴールはサッカーの醍醐味です。

たくさん練習して、バナナシュート決められるように上達しましょう。

-サッカーのシュートの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.