サッカーのセットプレー上達法

サッカーでセカンドボールを拾うための練習

更新日:

サッカーの試合では、セカンドボールを拾えるか拾えないかが試合の勝敗にも関わってきます。セカンドボールを拾うための練習方法を紹介しましょう。

1.セカンドボールとは

例えば、GKがパントキックをしたとします。

そのボールを誰かがヘディングをしたその後のボールのことを言います。

このボールを拾えるか拾えないかで、サッカーは変わってきます。

2.どのようにしてセカンドボールを拾うか

そもそも、GKからのボールをヘディングした選手が上手く味方に繋げれば、なんの問題もありません。

なので、そういった技術を上達させるための練習もチームとしてセカンドボールを拾うための重要な練習になるかもしれません。

しかし、実際には相手がいるスポーツなので、簡単にはヘディングは出来ず、競り合ってくる相手がいます。

そうすると、どこにボールが飛んでいくかわかりません。

このどこに飛んでいくかわからないボールをどこに来るのか予測する必要があります。

今、味方選手はどういう状況で相手と競り合ってるかを見極めます。

例えば、味方選手が競り負けそうだと判断したならば、自分のところには飛んでくる可能性は低いので、相手のマークに付くべきかもしれません。

味方選手がフリーでヘディング出来る状態だったとしても、下がりながらヘディングをするようなら、あまり飛距離は出ない可能性があるので、味方選手に近付くべきかもしれません。
このように、どういう状況で、どこにボールが飛んできそうかを見極める練習が出来れば、セカンドボールを拾う技術がアップするでしょう。

3.具体的な練習方法

3人組を作り、1人はパントキックをします。

もう2人は、相手同士になり、競り合わせます。

競り合ったボールがどこに落ちそうかを見極めて、パントキックをした選手がそのボールを拾うという練習です。

例えば、長いボールを蹴れば、下がりながらのヘディングになるので、2人に近づくべきかもしれませんし、短いボールなら、パワーを持って競り合えるので、飛距離が出るため、2人から離れるべきかもしれません。

これを繰り返し行うことによって、予測能力が上達するでしょう。

4.最後に

サッカーはいかに相手より先に動けるかが重要になってきます。

徒競走のようなフライングのルールは存在しないので、相手より早く動いたもの勝ちです。

予測をして、早く動けるようになると、セカンドボールに限らず、相手の先手を取れるでしょう。

-サッカーのセットプレー上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.