サッカーの様々なテクニック

ポジショニングの基本とは? | サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

今回は、サッカーでポジショニングの基本を紹介します。

1.周りを見る

サッカーでのポジショニングはポジションや相手のフォーメーションにもよるため、一概にこれが正しいとは言いにくいものです。

ですが、どのような場合でも共通して言える事があります。

それは、周りの状況をよく見ておくという事です。

どこのポジションの選手でも相手のフォーメーションがどうであれ、正しくポジショニングするためには周りの状況を把握しておく事が必要です。

サッカーを始めたばかりの人などはこの周りを把握するというのが非常に難しいと思います。

経験者の方でもいつの間にか目でボールばかりを追ってしまい、周りの状況が分からなくなってしまう者です。

周りを把握するというのは非常に重要ですので、普段の練習メニューから周りを見るという意識を持つようにしましょう。

現在、そのような癖がついていない人はなるべく早く癖をつけるようにしましょう。

2.パスコースを意識する

オフェンス時のポジショニングで意識してほしい事がパスコースです。

ポジショニングの悪い選手に共通して言える事があります。

それはパスコースがなくその選手にパスが出せないという事です。

もし、なかなかパスがもらえなかったり、パスが出せないと言われた事がある人は次の事を意識してポジショニングしてみましょう。

まず、相手ディフェンダーから離れてボールをもらう事を意識する。

相手ディフェンダーと近い選手にはインターセプトされる可能性が高いためパスが出しづらくなります。

次にパサーと自分の間に相手ディフェンダーがいないか確認をする。

パサーと自分の間に相手ディフェンダーがいた場合は当然パスが出せませんので、基本的にはこのような状況は避けましょう。

以上の事を意識してポジショニングする事でボールを受けやすくなる事でしょう。

ポジショニングとは一概にこれが正解と言えず複雑で難しいものです。

戦術によっても変わる事がありますが、周りを良く見る事は共通して言える非常に重要な基本です。

まずは、普段の練習メニューから周りを見て状況を把握する癖をつけるようにしましょう。

-サッカーの様々なテクニック

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.