サッカーのパスの上達法

パスの種類|サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

サッカーにおけるパスは、ボールを蹴るなどして味方に渡すことです。

パスは、サッカーでは、ドリブルと並んで、多用される重要な技術です。

ドリブルよりもボールを短時間で長い距離移動させることができるので、試合の中で有効に使うことができれば、大きな武器となります。

ここでは、試合で使われるパスの種類を分類してみてみましょう。

1. サッカーで使われるパスの種類

サッカーにおいてパスは、ボールを味方に渡すことであるが、そのパスには、パスを蹴った選手の思いが込められています。

試合中の選手たちは、パスを受け渡ししながら、同時に味方同士でメッセージを送り合っているのです。

コートの中でのボールの進行方向に絞ってみていくと、「縦パス」「横パス」「バックパス」の3つの種類に大きく分けられます。

「縦パス」は、相手のコートや相手のゴールに向かっていくときに見られます。

「横パス」は、パスの出しどころを探したり、チームでボールを確実に渡したりするときによく使われます。

「バックパス」は、相手の攻撃を回避したり、後ろから攻撃をやり直したりするようなときに使われます。

パスの出し手と受け手との距離によっては、「ショートパス」と「ロングパス」の2つの種類があります。

「ショートパス」は、近くの味方とスピーディーにパス交換をすることで、相手のプレッシャーをくぐり抜けるときなどに使います。

一方「ロングパス」は、遠く離れている味方にボールを渡すことで、一気に守備から攻撃に転じたり、サイドを大きく変えたりするときに使われます。

また、地面を転がす「グラウンダーのパス」と空中を通す「浮き球のパス」があります。

相手の選手と選手の間に隙間があれば、その間を「グラウンダーのパス」で通すことができますが、自分と味方の間に相手選手がいる場合などは、「浮き球のパス」を使って相手選手の裏にパスをすることがあります。

そのほか、パスされたボールをトラップすることなく直接味方にパスをする「ダイレクトパス」やパスをした選手が受けてからもう一度パスをもらう「ワンツーパス」などもあります。

また、相手ゴール付近で守備の選手同士の間を通して、守備の背後に走りこむ選手にパスをする「スルーパス」などもあります。

2.パスの選択の仕方

 
ゴールへの得点を競い合う競技のサッカーでは、ゴールによって得点を奪われることは一番避けたいことです。

自陣のゴール前で攻め込まれているときに、近くの味方に緩い横パスは、危険な状況を生み出すかもしれません。

サッカーにおいては、その時その時にどんなプレーを選択するかを瞬時に判断してプレーしなければなりません。

攻撃においては、いつまでも横パスばかりでは、相手の守備に脅威を与えることも、相手ゴールに迫ることもできません。

どこかで縦パスを入れることによってゴール前でチャンスが生まれる可能性が出てきます。

ディフエンダーとキーパーの間にほとんど隙間がないのに、スルーパスを狙ってもキーパーに処理されてしまいます。

ワンツーパスで抜け出した方が狭いところでもパスが通せるかもしれません。

今、どんな種類のパスを使おうかと考えたときに、そのパスの特性を知って、選択をしていくことが大切になってきます。

また、日々の練習の中で、いろいろな種類のパスが確実に通せるように練習しておくことは言うまでもありません。

-サッカーのパスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.