サッカーのパスの上達法

パスの練習方法|みるみる上達するサッカー

更新日:

サッカーにおいてパスの技術はとても重要である。そのため、サッカーの上達にパス技術の上達は欠かすことができません。

パス練習では、ボールを受ける前から、受けてパスを渡した後までを一つのプレーと考えて練習をしましょう。

1.基本技術を生かしたパス練習

対面でのパス練習をいくつか紹介しましょう。

グループを2つに分けて、対面で行います。距離は7~8mから初め、調整していきます。

ボールを持った選手が、対面している選手へパスを出します。

パスを出した選手は、蹴り足が一歩目となるように連続してダッシュに入り、蹴ったグループの後ろにつきます。パスをして終わりではなく、パスアンドゴーの習慣をつけましょう。

受けた選手は、ワントラップの後、同じようにパスアンドゴーを行います。

パスアンドゴーは、パスの上達と合わせて、実戦で生きる技術です。

慣れてきたら、次は、受け手の選手は、パスをもらう前に左右どちらかに2歩くらい移動してパスを受けるようにします。

パスをする選手は、受け手の動きを確認して足元にパスをしましょう。

試合中は、自分も相手も動きながらパスをすることが多いので、動きながらのパス練習は、パスの上達には欠かせません。

次のパス練習は、パスをした選手が、受け手に対するディフェンダーの役目をするようにします。

受け手は、トラップでディフェンスに来た選手をかわしてパスをします。

ディフェンスをする選手は、正面で邪魔をする程度でプレッシャーをかけましょう。

試合中にプレッシャーを受けることも、当然あることなので、しっかりと対応する練習はとても大切です。

さらに、2つのグループの真ん中に壁になる選手を一人入れます。パスをする選手は、一度ボールを壁の選手にパスをしてリターンを対面の選手にパスをします。

壁の選手は、中央でどちらの選手からもボールを受けてあげます。

短いパスと長いパスが連続になって、実戦に少し近いパス練習になりました。

距離を長くすることで、少し長めの浮き球のパス練習にもなります。

さらに、対面から三角にしていくと、パスを受けるコースと、パスを蹴るコースに角度ができてくるので、3カ所、4カ所と増やしていくとより実践に近づいていきます。

2. 実戦を想定したパス練習

 
実戦の中では、コートの中で、相手のプレッシャーを受けながらパスを回す場面が出てきます。

グリッドの中での、パス練習を行いましょう。

人数とグリッドの大きさは、人数と難易度によって調整します。

狭いとパス交換が難しくなり、広すぎると容易にパス交換ができてしまうので、広さを調節しながら行います。

ボールを持っているグループがパス交換をして、相手にボールが渡った時点で攻守が入れ替わります。

例えば、2対2+フリーマン1人というように、ボールを保持するグループが必ず数的優位になるようにします。

パス交換が連続〇人つながったら1点、というように決めておきましょう。終わった時点で得点の多いグループが勝ちとなります。

パス練習ですので、パスをつなぐことが主眼となりますが、そのための、受け手の動きや出し手の動きなど、いろいろな要素が混じってきますのでやりながら、作戦タイムをとるなどして考えるサッカーができるようにするとよいしょう。

-サッカーのパスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.