サッカーのパスの上達法

サッカーでの連携の取れたパスワークの練習

更新日:

みなさんはサッカーの何の魅力を感じてプレイしていますか?

楽しいからかっこいいからなど様々あると思いますが、プレーが上手くいったときの快感はサッカーに取り込まれる要因の一つだと思います。

現にバルセロナのようなパスサッカーに憧れてサッカーを始めた人も多いと思います。

これには綺麗なパスワークとゴールを決めきるフィニッシュ能力が必要となります。

今回はそんなパスワークについての練習方法を紹介します。

1.ワンツーパス

サッカーの試合の中で、数えきれないほどのパスが通っています。

そのどれもに意味があり、相手の脅威になるパスや味方を落ち着かせるパスなどさまざまです。

しかし、一番いいのは一本のパスで相手に脅威を与えゴールに繋げることだと思います。

しかし、相手もディフェンスをしているためそれはなかなか難しいです。

なので、複数のパスで相手のディフェンスをかく乱しましょう。

ワンツーパスは少ないパスながらも相手をかく乱するのにはピッタリのパスワークです。

これは一人にボールを当て、出した選手に素早く返すパスになります。

これだけで相手ディフェンスをごぼう抜きすることもできます。

2.三人目の動きを利用したパスワーク

上で紹介したパスワークでは、相手が少人数だと抜くことはできますが、大人数だとコチラも人数をかけなければ抜けません。

サッカーは人数をかけなければ抜けませんので、人数はかけましょう。

さっきのワンツーパスの落としの際に、三人目が走ってくるとパスのバリエーションも増えます。

しかしこれはn日常の練習からパスの精度の練習やコミュニケーションの取れた練習をしていないと本番では使えません。

上達させるためにも、固定のメンバーなどで練習させるのが良いかと思います。

3.片方に溜めて逆へ展開

サッカーは横にも長いスポーツであるため、右へ左へ移動していくと、相手は疲弊し崩しやすくなります。

また、右サイドを中心で攻めていると、左がガラガラになりますので、良い感じに攻めることもできます。

なので片方のサイドに溜めて逆に展開できるパスワークも身につけておきましょう。

基本はサイドの選手と真ん中、ボランチの選手でつなぎ、逆に飛ばすというのが形になります。

ボランチの選手は特に正確なパスやロングフィードを蹴れるようにしましょう。

これはゲームをこなしていくうちに型が分かってきて上達していくと思います。

-サッカーのパスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.