サッカーのパスの上達法

サッカーのパスの強弱のつけかた

更新日:

サッカーのパスは受ける相手との距離で、パスに強弱をつけます。

近くにいれば、弱くても通りますが、遠くにいる時は強くパスを出さないと相手に届く前に失速し、試合中なら敵にカットされてしまいます。

その強弱の付け方は、単純に力をこめればいいわけではありません。

1.パスに強弱が必要な理由

サッカーのパスに強弱をつけなければならない理由は、それによって速さと距離が変わってくるからです。

強く蹴ればより遠くに届く、より速いパスになります。

弱く蹴ればゆっくりとしたスピードで、近くにしか届かないパスになります。

弱いパスは用途が限られていますが、強いパスは多彩な用途があります。

近距離でもお互いに意思の疎通ができていれば、強いパスで敵にとられない安全なやり取りができます。

実際のパス練習では、相手が受けやすいパスの練習から始めますが、ゲームでは相手が受けやすい、かつ、敵にとられないパスを心がけなければなりません。

そうなると、できるだけ早いパスでのやり取りが、安全性を高めます。

しかし、スイッチなどの近距離パス交換では弱いパスでいいので、やはり臨機応変な強弱の調整が必要です。

また、サッカーはチームワークが大切なので、相手のことを思ってプレーすることが大切です。

そのためには、お互いに理想とするプレーができるようにパスに強弱をつけます。

自分よがりなプレーは自他ともに得をしません。

2.ゲーム中で必要な場面

サッカーのゲーム中は常にパスの強弱が必要になってきます。

普通のパス一つにしても、敵にとられるリスクがあるのでしっかり仲間につながるようにパスに強弱をつけることが大切です。

近距離以外は強くて速いパスでのやり取りができれば問題ないです。

しかし強いパスは次につなげるのが難しいです。

なぜならファーストタッチを失敗してしまうと自分の足元に収まらなくなるからです。

そうなるともちろんすぐにボールを奪取されてしまいます。

そうならないためにも、普段から強いパスのやり取り方法をしっかりと学び、上達させていく必要があります。

またスペースに出すパスも強弱が難しいです。

そのスペースに向かって走っている味方選手と敵選手、二人の選手が行きつく先にパスを出しますが、味方選手がパスを受け取れるようにならなければなりません。

そのためには、強弱の調整でピッタリのパスを出します。

このパスは、ボールを回転させて着地点を調節する必要もあるので高度な技術が必要なのです。

なので、日々の練習でしっかり上達してからゲームに生かします。

パスの強弱は常に考えている必要があるものなので、練習の時にどのくらいの力で蹴るとどのくらいのパスになるのかをしっかり研究します。

それがつながるパスの練習にもなります。

このように、サッカーにおいてパスの強弱は欠かせないものです。

-サッカーのパスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.