サッカーのパスの上達法

サッカーのパスの判断力を上げる練習方法

更新日:

サッカーの試合では、パスの判断はそれ一つで勝敗が決まってしまうこともあるくらい重要なことです。

なので、しっかり状況を把握してパスの判断を間違わないようにすることが重要です。

1.正確に状況判断するためには?

サッカーの試合中に、正確に状況を判断するためには、しっかり周りを見ることが大切です。

周りを見ることによって次のようなことがわかり、正しい判断ができるようになります。

1.自分のいる場所

自分のいる場所を把握すると、次のプレーの判断がしやすいです。

サッカーの試合中にはパスをもらいに行くのか、スペースへ走るのか、様々な選択肢があります。

これらはしっかり周りを見なければわからないことです。

この判断能力は自然と上達していきます。

2.敵選手たちの位置

ボールを持っていない時、つまりオフ・ザ・ボールの時にもしっかりと敵の位置を把握します。

これによってこの先の展開が予想できます。

パスをもらう時にはもちろん敵との距離、向かってきている人数を見てパスをするのかドリブルをするのかを判断します。

周りを見るためにはボールから目を話す時間が生まれますので、見なくてもボールをとられないスキルの上達は必須です。

サッカーはフィールドの中に11人の敵選手がいますが、全員の把握は困難なので、自分の近くの選手、これから自分のプレーに関与してきそうな選手はしっかりと把握します。

3.味方の選手がフリーでいるかどうか

パスを出すには味方選手がフリーでいることが理想です。

出そうと思った味方選手ががっちりマークされてパスを出せない場合は、違う味方選手にパスを出すか、自分でドルブルをするかを瞬時に判断しなければならないです。

なので、常に味方選手がフリーでいるかどうかをしっかり把握しておく必要があります。

2.次のプレーの選択肢を増やす

これら3つのことをしっかり把握することによって、判断力は格段に上がります。

判断には素早さと正確さが求められます。

また、今だけじゃなく先々を見越しての最良の判断がチームの明暗を決めます。

正しい判断をするためには、選択肢は多いに越したことはありません。

まずは、自分がパスをもらう時にはフリーになれるようにします。

また、味方選手がパスをもらう時にはフリーになれるように動きます。

これでパスをもらった後にトラップしてキープできるので、判断を決断するまでに多少の余裕が生まれます。

また、ボールの出しどころ見つからない時には、自分でドリブルをして現状打破することも判断の一つです。

また、マークが外せない状態でパスを受ける場合は、ダイレクトで返すのも手です。

その他にも、ペナルティエリア外でも行けると思ったらシュートを打つことも有効です。

このように選択肢を一つ一つ増やして行くことで、判断に余裕ができます。

サッカーは常に攻守が入れ替わるスポーツなので、常に最良の判断をできるように練習します。

-サッカーのパスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.