サッカーのパスの上達法

サッカーの基本的なパスの受け方

更新日:

サッカーはボールを足で扱うスポーツなので、ボールを止める蹴るなどの動作がしっかりしていないと、試合になりません。

しかし、これらは練習さえすれば自然と身に付きます。

今回はその中でもボールの止め方、トラップの方法についてやっていきます。

トラップが悪いと次の動作の質が悪かったり、遅れてしまったりするので全体的にプレーの質が落ちてしまいます。

しっかりとしたトラップのコツを覚えましょう。

1.足の裏はNG

よく初心者の方がやることですが、足の裏でのトラップは基本NGです。

あのボールの受け方をしてしまうと次の動作が基本的に遅れてしまい、相手にボールをかっさらわれてしまう可能性が高いです。

足の裏で止めるのはもっと上手くなってからにしましょう。

序盤はインサイドで受ける練習をしましょう。

慣れれば、自由自在に足元に受けることができて次への行動もスムーズになります。

まずはしっかり自分の足元に止めることを意識してボールを受けましょう。

インサイドで受けることに慣れてきたらインサイドで蹴れるようにもなるはずです。

2.トラップで相手をかわす

トラップはボールを受けるだけでなく、相手をかわすこともできます。

相手のプレッシャーに応じて変える必要があります。

相手が食いついてきた場合はトラップでかわすことはできると思います。

そのためにも練習はする必要があります。

ボールを受ける際に右や左などに大きく動かすことで相手をかわすことができるので、この技術もマスターしておきましょう。

実際、このトラップからパスやシュートをすることができるのが理想です。

3.ランウィズザボール

トラップで敵をかわす中にも、最も効果的なボールの受け方があります。

よくサイドでボールを受けるときに縦が空いている時にトラップと同時に大きくボールを出し、一気に走ってボールを持っていくボールの受け方です。

世間ではランウィズザボールと言われているもので、足が速い選手にとってはかなりの武器になるボールの受け方です。

ボールコントロールがしっかりしていなければできない技術なので、しっかりとしたトラップ技術を身につけるようにしましょう。

基本的にフォワードやサイドの選手が使う技術で、一気にゴール前に行けることもあります。

ボールの受け方だけでゴール前まで行ける可能性もあるということです。

-サッカーのパスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.