サッカーのパスの上達法

サッカーのパスをゴールにつなげる練習方法

更新日:

サッカーのパスをゴールにつなげるためには、敵にとられないようなパス回しをします。

フェイントをかけたり、競り合いで負けなかったり、ダイレクトにパスを回したりします。

これができるようになると、シュートの本数が増えます。

1.パスをつなぐコツ

サッカーでパスをつなぐコツは、安全なルートを常に確保することです。

安全なルートというのは、敵に奪われる心配のない、確実に味方選手につながるパスルートです。

例えば、自分より後ろにいる選手にパスを出し、そのパスをダイレクトで返してもらいます。

そして、そのパスをまた同じ人に出して、それと同時に前へ走ります。

この時、走っていく先がスペースになっていることが条件です。

これは、ダイレクトでやり取りをしているので、パスがつながりやすいです。

一度トラップをすると、その時間で敵に距離をつめられるので、そうなる隙を与えないようにダイレクトで蹴ります。

このように、味方同士では回しやすく、敵選手には触りづらいパスの回し方をしていくことで、パスがスムーズに回ります。

敵が足を出しづらいボールというのは、パスをつないでいくうえでとても効果的です。

ダイレクトパスには練習が必要ですが、すぐに上達できます。

また、パスがスムーズに回ると、最後のゴールへのシュートまでもつながりやすくなります。

2.シュートで終わる

サッカーは点数を取らなければ勝てないので、どんな時も攻撃の最後はシュートを打って終わります。

そのためにパスをしっかりとつないで、前線に持っていくとともに、相手を翻弄してシュートコースを作る必要があります。

シュートコースができたときには、ペナルティエリアの外だったとしても、シュートに踏み切ることも作戦の一つです。

ロングシュートは堅いディフェンスラインを崩すのに役立ちます。

また、数をこなすうちに上達して、得点につながるようになってきます。

後ろ目からもシュートが打てるということは、敵の守備に穴があるということなので、敵はその穴を埋めようとディフェンスラインを上げてきます。

その時に、できたスペースを使って攻撃します。

この時もしっかりシュートで終われるようにします。

なぜシュートで終わるようにする必要があるかというと、シュートは多いほど得点の可能性が上がるためと、カウンター対策です。

シュートで終わると、敵のクリアでラインを割ってコーナーキックになる可能性も上がります。

また、枠をとらえられずにラインを割ってしまった場合は、ゴールキックになりますが、これは多少時間稼ぎになります。

この少しの時間で守備陣はポジションに戻り、次に備えることができます。

また、カウンターも防ぐことができるので、一つリスクが少なくなります。

このように、サッカーでパスをゴールまでつなぎ、シュートで終わることはとても大きな意味を持ちます。

-サッカーのパスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.