サッカーのパスの上達法

サッカーのパスの基礎

更新日:

サッカーの基本的な技術の中にパスがあります。

サッカーの中のボールの動きのほぼはパスによって形成されています。

また、パスの種類も多彩です。

それほど、パスは大事で成功率が高ければ高いほど完璧な試合運びになります。

パスの基本が出来なければいけないことは言わずもがなわかると思います。

パスの成功率を上げるためにもパスの基本はしっかりマスターしておきましょう。

1.1対1のパス練習

パス練習は基本的に練習メニューの序盤で行いましょう。

ある程度の距離をとって、1対1でひたすらパス交換を行いましょう。

ロングパスにもなるように距離を広げたりしながらパス交換を行いましょう。

ただ意識することはしっかりボールを受けることとしっかり相手の足元にパスを届けることです。

どこまで正確にパスを届けることができるかにこだわってください。

また、パスは優しさが大事です。

相手が受けやすく次につながるようなパスをしてあげましょう。

ある程度慣れてくると威力の変化や距離の変化にも対応できるようになります。

端から端まで蹴れるくらいになると、ある程度、基礎は出来上がっていると思います。

2.動きながらのパス

サッカーの試合中は基本的に動いています。

走っている中でボールを受けなければいけません。

トラップするのも走りながらなので、走りながらトラップからパスまでを動きながら正確に行わなければいけません。

この練習もしておきましょう。

基本的に2人でする練習である程度の距離を保ちながら、パス交換しながらサッカーコートの端から端を行き来しましょう。

ただし、距離もいろいろ変えていきましょう。

基本的に10m間隔でパス交換するとよいでしょう。

3.プレッシャーがある中でのパス交換

サッカーは11対11である以上、相手のディフェンスは避けられません。

いかにして、そのディフェンスをかわしていくかが重要になります。

そのためにパスをつないでいくという必要があります。

パスは相手からプレッシャーを受けている状態で出すことになります。

つまり、そのプレッシャーを受けながらも正確にパスを出す必要があります。

これはゲームの中で磨かれる試合感によって、磨かれるものです。

パスを受ける前に味方を探す癖なども試合経験を積んでいくと自然と身についていきます。

とにかく練習のゲームでどれだけ綺麗にパスをつなげるかということを意識しながら正確にパスを出すことを意識してみましょう。

-サッカーのパスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.