サッカーのパスの上達法

サッカーにおけるセンタリングの練習方法

更新日:

サッカーの試合でセンタリングからのゴールを決めるための練習方法です。

1.何故、センタリングが必要なのか

サッカーのゴールは真ん中から動きません。

それならば、常に中央から攻撃をするべきですが、相手は一番やられてはいけない中央をより固く守ってきます。

そうなると、サイドが空いてくるため、サイドからのセンタリングがサッカーでは必要になってきます。

極端な話、相手が中央を守ってこないのであれば、センタリングは必要ないかもしれません。

2.センタリングを上げる場所

中央を守られたら、サイドに展開してセンタリングからの攻撃を仕掛けましょう。

そのセンタリングを上げる場所ですが、まずはアーリークロス。

アーリークロスは、早い段階でセンタリングを上げるため、相手DFが準備をする前に攻撃が出来るので、相手の油断を突くことが出来ます。

しかし、ほぼ正面から飛んでくるので、DFにとってはマーク相手とボールを同一視野に入れられるので、跳ね返されやすいというデメリットがあります。

もう一つ、マイナスのセンタリングがあります。

これは、ゴールライン付近まで侵入してからセンタリングを上げるものですが、ゴールラインまで行くと、DFはボールとマーク相手を同一視野に入れずらくなります。

いずれにしても、蹴り手のキックの精度が重要になってくると思います。

3.キックの種類

色々な球種がありますが、まずはカーブをかけたキックが上達すると良いでしょう。

例えば、右サイドから右足でインカーブをかけると、GKから離れて飛んでいき、味方FWには向かってくるボールになります。

当然ですが、向かってきてくれた方がボールを捉えやすいので、FWが有利になります。

センタリングを上げる際、カーブをかけたキックを練習して上達させることは必要不可欠になるでしょう。

もう一つは、速いストレートのキック。

速いボールであれば、相手は反応しずらくなるわけですから、ゴールを狙いやすいと思います。

また、速いボールならば、特に足を振らなくても、当てるだけで、ある程度強いシュートになるというのもメリットになるでしょう。

センタリングを成功させるために、色々な球種の練習をしておきましょう。

3.最後に

DFにとって、一番怖いところは中央のゴール前です。

ここにいかに侵入できるかが、サッカーでは重要になってきます。

中央突破が難しければ、サイドからのセンタリングを使って、得点を狙いに行きましょう。

-サッカーのパスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.