サッカーの様々なテクニック

サッカーの試合における判断力の養い方

更新日:

サッカーをするにあたり、判断力をあげる練習は必要不可欠になります。

1.サッカーとは

サッカーのルールとはとても単純で、ボールを持ったときには、手さえ使わなければ反則にはならず、ボールをどこにドリブルしても良いし、誰にパスをしても良いのです。

その場でただ立ち止まっていても良いのです。

これだけ自由なスポーツは他に無いのではないでしょうか。

それだけに、今どういうプレーを選択するかの判断が楽しいし、且つ難しいところだと思います。

2.判断をするために

さて、判断をするためには、周りの状況を把握しなければなりません。

すなわち「観る」ことが出来なければ判断が出来ないのです。

まずは、顔を上げるという練習からしてみましょう。

サッカーはボールだけでなく、味方選手や相手選手、そして空いている場所(スペース)を観なければなりません。

今、味方選手がどういう状況なのか。

例えば、味方のA選手が相手選手2人にマークされているとすれば、その選手にパスをするのは得策ではないかもしれません。

逆に、A選手に2人のマーカーがいるとすれば、どこかにフリーの選手がいるはずなので、その選手を探すことも良いでしょう。

これらを判断するには、やはり「観る」ことが不可欠なのです。

サッカーのグラウンドでは、色々な声が飛びます。

監督、コーチの指示であったり、味方選手の指示、または相手チームの声など。

それらを判断の材料にすることは大切なことです。

しかし、コーチや味方選手の指示待ちになることは良いことではありません。

もっと言えば、コーチや味方選手の指示を踏まえた上で、より良い判断・決断が出来る選手が良い選手だと考えます。

そういった判断が出来るようになるために、練習中から顔を上げてドリブル、パスをする前に顔を上げる、パスが来る前に顔を上げる、など試合を想定した練習が出来ると上達が早いと思います。

極論を言えば、ボールを見なくても良い選手は周りがよく見えるようになりますよね。

元日本代表でガンバ大阪の遠藤保仁選手は、ボールが自分のところに転がってきた軌道、スピードを見れば、あとはボールを見ずにコントロール(トラップ)が出来るそうです。

普通、ボールを見なければいけないタイミングで、周りが見えているのだから、遠藤選手から良いプレーが生まれるのは当たり前なのかもしれません。

もちろん、判断が出来た上で、ボールを蹴る・止める・運ぶ技術が無ければ良い選手と言えません。

しかし、逆に言えば、蹴る・止める・運ぶ技術があっても、観ることが出来なければ良い選手にはなれません。

サッカーのテクニック、スキルを上げることも大事ですが、「観る」こともたくさん練習して上達していきましょう。

-サッカーの様々なテクニック

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.