サッカーのヘディングの上達法

ヘディングのコツ|サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

足を使ってボールを扱うことが主となるサッカーという競技において、ヘディングという技術も大変重要な役割を担っています。

ヘディングのコツをしっかりマスターすれば、攻守にわたってゲームの中で有効に活用できる技術です。

1.ヘディングのコツを身に付けよう

頭でボールを扱う技術を上達させるためには、何が大切なのでしょうか。

まず第1は、頭でボールを真っすぐ弾くことです。

頭という言葉を使っていますが、実際にボールを当てるのは、おでこの部分です。

ヘディングの上達のコツは、1つ目はおでこにきちんとボールを当てることです。

こんな練習から始めてみましょう。

ボールを両手で持って、顔の前方からおでこに引き寄せて当てます。

この時、目は開いてボールを見つめます。

絶対に目をつぶったりボールから目を離したりしないように気をつけましょう。

実は、ヘディングの上達のコツの2つ目は、ボールをきちんと見ることです。

最初は、こわくて目を閉じてヘディングをしてしまうことが多いのです。

何回かやっていくと、ボールが当たる位置と、目を開けていても大丈夫だということがわかります。

次に、ボールをおでこに当てて、弾いてみましょう。

前の練習では、手でボールを持っておでこに当たる位置を確認しました。

今回は、当たる寸前にボールから手を放して弾いてみましょう。

おでこにきちんと当たれば、結構勢いよくボールが飛んでいくはずです。

最初は恐怖心もあるかもしれませんが、痛くもないことがわかるでしょう。

いよいよ飛んできたボールをヘディングしてみましょう。

下投げで頭をめがけてボールを投げてもらいましょう。

足は肩幅くらいに開いて、腕は脇を閉めて構えます。

ボールが来たら、背中を反らして顎を引きボールをよく見ること。

背中が真っすぐなる辺りでボールがおでこに当たるように上半身を前に振ります。

ヘディングの上達のコツ3つ目は、上半身の力を利用することです。

力強いヘディングをしたければ、特に背筋をしっかり反らし、反動を使います。

この時、首を固定して、顎を地面と水平になるように保つとボールが真っすぐ飛んでいきます。

首に力を入れておかないと痛めてしまうことがありますから、気をつけましょう。

ボールをとらえるタイミングを練習で習得しましょう。

2.ゲームにおけるいろいろなヘディング

シュート、クリア、パスなどヘディングもゲームの中の様々なシチュエーションの中で行われます。

基本は、正面から来たボールを、地面と水平に打ち返すものでした。

そのほかに、ボールを地面に叩きつけるように打ち返したり、高く遠くへ打ち返したりする場合もあります。

時には、斜め後ろに打ち返す場合もあります。

基本は、おでこの中心をボールの中心に真っすぐ当てることでしたが、ボールの上側に当てると、ボールが下に飛んでいくことになります。

例えば、斜め後ろに飛ばしたいときは、おでこの少し横側でボールの中心より少し横側に当てるようにすればよいでしょう。

おでことボールのお互いの関係でボールの飛び方も様々変わっていきます。経験を通して覚えていくようにしましょう。

3.実践で生きるヘディングとは

ゲーム中、様々な場面でヘディングを行うことがあります。

基本の練習のように、自分のおでこめがけてボールが飛んでくる場面ばかりではありません。

ヘディングシュートをしようと思えば、敵もヘディングでクリアをしようとします。

競り合いが生まれてきます。

飛び上がってヘディングする場面も多く出てきます。

競り合いに勝つためには、相手よりも先に良いポジションに入ってプレーすることです。

実戦で生きるヘディングのためには、素早い判断とポジショニングが欠かせません。

実践で生きるヘディングのコツの最後は、ポジショニングとタイミングですね。

160センチ代の身長の選手でも、ポジショニングとタイミングをうまくすれば、180センチ以上の背の高い選手にも競り勝つことは実戦でも見られます。

-サッカーのヘディングの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.