サッカーのヘディングの上達法

サッカーの試合でダイビングヘッドが出来るようになる練習方法

更新日:

サッカーの試合では、時にはダイビングヘッドをする場面が出てくるので、日頃から練習しておきましょう。

1.ダイビングヘッドとは

ダイビングヘッドとは、飛び込んで倒れるようにしながらヘディングをするプレーです。

体ごと突っ込んで行くプレーなので、恐怖心との闘いにもなります。

また、受け身をしっかりと取らないと、怪我にも繋がりやすいので、日頃から練習しておきましょう。

1.ダイビングヘッドの練習方法

まずは、膝をついた状態で、正面からボールを投げてもらい、ダイビングヘッドをしてみましょう。

膝をついた状態ならば、高さが無い分、恐怖心は関係なく練習が出来ると思います。

倒れながらでも、しっかりとおでこに当てられるよう練習しましょう。

その際、手で受け身を取ることも大事になってきます。

2.ダイビングヘッドの練習方法2

次に、立った状態で、正面から投げてもらいチャレンジしてみましょう。

膝をついた練習でやったように、ちゃんとおでこに当てられるようにすること、そして受け身を取ることを意識して練習しましょう。

さらに、クリアをするのか、それともシュートなのか、意識して上達出来るようになしてみてみましょう。

3.ダイビングヘッドの練習方法3

そして、今度は横から投げてもらったボールに対してチャレンジしてみましょう。
やはり正面から飛んでくるのとは、全く違った景色になるので、最初から上手くはいかないでしょう。

しかし、ダイビングヘッドは、正面からのボールよりも、横からのボールに対して行うことの多いプレーなので、しっかりと練習して上達していきましょう。

4.最後に

サッカーは、ぶつかり合うスポーツなので、恐怖心との闘いでもあります。

特にダイビングヘッドは、飛び込んでいくプレーなので、サッカーの中でも怖いプレーの一つだと思います。

ダイビングヘッドは、技術はもちろん必要ですが、勇気だったり気合いだったりが、ものをいうプレーだと思います。

試合中に絶対にゴールを決めるという気持ちや、絶対にゴールを守ってやるという気持ちが出た時に、自然とダイビングヘッドというプレーが出るのではないでしょうか。

咄嗟に出てしまうプレーだからこそ、リスク管理が必要なので、怪我をしないよう、練習の時には受け身の練習をしっかりとしておきましょう。

-サッカーのヘディングの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.