サッカーのフリーキックやコーナーキックの上達法

フリーキックでカーブをかけるコツ | サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

今回は、サッカーでフリーキックを蹴る際にカーブをかけるコツを紹介します。

1.足の甲の内側で蹴る

サッカーでフリーキックを蹴る際に多く使用されるキックはインフロントキックです。

インフロントキックはカーブが非常にかけやすくフリーキックの際に多く使用されています。

インフロントキックとは蹴る際は足の甲の内側でボールを蹴ります。

親指の付け根辺りで蹴る感覚といった方が分かりやすいかもしれません。

インフロントキックは中距離から長距離のパス、センタリングなど、様々な種類のボールが蹴れて非常に便利なキックです。

様々な種類のボールが蹴れる分、これが正解というのは厳密にはありません。

基本的なコツを抑えておく事で後は自分なりに応用して様々なキックを蹴る事が出来るようになりでしょう。

一つ目の基本的なコツは地面とボールの間に足を差し込むような感覚でキックする事です。

パスなどの練習メニューを行う際にこちらのコツ意識して練習を行いまずは感覚を養うようにしましょう。

ある程度感覚を掴めるようになったら実際にフリーキックの練習メニューでカーブをかける練習を行いましょう。

2.ボールに回転をかける

インフロントキックでカーブをかけるには少しコツがあります。

それは、足を振り抜く際に円を描くようにして振り抜く事です。

そうする事でボールに横回転がかかりカーブするボールが蹴れるようになります。

中村俊輔選手のフリーキックをイメージすると良いでしょう。

カーブのボールを蹴るには実際にフリーキックの練習メニューの際に試して感覚を養うのがいいでしょう。

カーブのかける感覚は人によって若干変わってきます。

ですので、フリーキックの練習で数をこなして自分なりの感覚を掴むようにしましょう。

最初から壁を用意して練習するのは難易度が高いため、最初は壁などは用意せずに回転をかける事を意識して練習を行うようにしましょう。

サッカーの花形とも言えるフリーキックで得点出来るように練習をしてみてください。

-サッカーのフリーキックやコーナーキックの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.