サッカーのドリブルの上達法

ヒールリフトのやり方とコツ | サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

サッカーでヒールリフトは漫画などでも描かれることが多くて、華麗でスピードのあるドリブルの代表的なものであり、みんなが1度は憧れるフェイントです。

そこで今回は、「実際試合で使う人もいるヒールリフト上達のコツ」を紹介します。

1.ボールをあげる

ヒールリフトというフェイントは、足でボールを挟みボールを上げて、相手の頭上を越して抜くというものです。

なのでボールが上がらないと相手を抜くこともできませんし、ヒールリフト自体が成立しません。

しかし、このボールを上げるところで多くの人がつまずいてしまい挫折してしまうのです。

またスピードを意識しすぎてしまう人も多いです。

そこでボールを上げるコツを紹介します。

ボールを挟んで前方の足のかかとでボールを上げるのが基本的ですが、かかとでボールを上げようとするとボールがずれてしまったりして上手くいきません。

なので両足で挟んだままボールを持ち上げるというイメージで練習するとヒールリフトは上達します。

ポイントは片足でボールを上げようとするのではなく、あくまで両足で持ち上げるというイメージを持ってください。

スピードは最後に意識することなので、初めからスピードを気にしすぎると上手くいかず挫折してしまいます。

2.ドリブル映像を参考にする

ヒールリフトは高度なフェイントであり、なかなか成功するところを見ることができないので上達するためにはプロの映像を見ることが不可欠だと言えます。

何度も見る→試してみることを繰り返すことが重要です。

しかし、サッカーでは公式戦でヒールリフトを使ってドリブルすることはほとんどなく、また相手を侮辱しているプレーとして捉え、問題になることもあり、トラブルの原因となります。

ブラジル代表でバルセロナ所属のネイマール選手が時々ヒールリフトを使ってドリブルしますが、批判を浴びたり相手選手の怒りを買ったりと大きな問題になっています。

なのでマナーをしっかり考えて使うことに気をつけて下さい。

それでもヒールリフトを使ったドリブルが上手くなりたい方は、参考にするにはもってこいのスポーツがあります。

それがフットサルです。

フットサルでは、サッカーよりフェイントは多く使われプロの試合でもアマチュアの試合でもヒールリフトもしばし使用されています。

さらにマナー的にも問題がないので、フットサルをやりながら練習するのはとても有効な方法です。

注意するポイントはフットサルのボールはサッカーのボールより小さいため、ボールが上がりやすくヒールリフトがやりやすくなっています。

なのでサッカーでヒールリフトを使いたい人はサッカーボールの大きさに慣れて下さい。

フットサルで感覚やイメージを掴むことができたら、サッカーボールで練習して身につけることを忘れずに行って下さい。

-サッカーのドリブルの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.