サッカーのドリブルの上達法

ドリブル時の目線の使い方 | サッカーが上達する練習メニュー

更新日:

今回は、サッカーでドリブル中の目線はどこにすべきかを紹介します。

1.顔をあげる

サッカーでドリブルをする際の目線は顔を上げて周りを見る事が重要です。

サッカー初心者の方はボールばかりを見ています。

ですが、サッカーはチームスポーツでドリブルとはサッカーの中での一部でしかありません。

ボールばかり見ていてはパスをする事ができなくなり、あっという間にディフェンダーに囲まれてボールを奪われる事でしょう。

サッカーを始めたばかりの頃はドリブル中にいきなり顔をあげて周りを見るのは難しいかも知れません。
そこで、まずは試合形式の練習メニューなどで自分がボールを持っていない時にボールだけを見るのではなく周りを見る癖を付けておきましょう。

2.ボールをコントロールする

なぜ、ドリブル中に目線を周りに向けるのが難しいのでしょうか。

それは、ボールコントロールがうまくできていなくて常にボールを見ていないとコントロールできないからだと思います。

そこで、ボールコントロールに自信が無い方は目線よりも先にボールコントロールを磨く方が優先です。

ボールコントロールを磨くための練習メニューはドリブル練習で左右の足で様々な部位を使用したり、リフティングをする事が有効です。

ある程度ボールコントロールが身に付いたら、目線を周りに向けるように意識して練習を行いましょう。

とは言っても全くボールを見ない訳ではありません。

イメージとしては目線は周りに向けますが間接視野でボールが少し見えているのが理想的です。

間接視野でもボールが見えていて、ボールコントロールがそこそこできていれば目線をボールばかりに向けなくともドリブルが出来るようになるでしょう。

周りを見れるようになれば余裕が生まれドリブルだけでなく、パスの選択肢が生まれます。

結果、ディフェンダーは守る際に選択肢が増える事でなおさら惑わされやすくなる事でしょう。

-サッカーのドリブルの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.