サッカーのドリブルの上達法

ドロー&プッシュのやり方と使い所|サッカーのテクニック

更新日:

サッカーで相手を抜き去る技術の中で、相手に一番心理的にダメージを与えるのが「股抜き」になりますが、取れたと思って足を伸ばして又が開いたときに通されたあと立ったまま振り返って追いかけることもできません。

上達している選手の股抜きでは必ず事前行動としてボールをさらしてきますが、足の裏を使って巧みにさらされてあしを伸ばして取りに行く、すると既に股を通されている、なぜ?と言う感じです。

蹴り出す動作なくボールを動かしてくるのがドロー&プッシュとなります。

1. ドロー&プッシュのやり方

ボールを50cmほど右足の前に置き、右足をボールの上に乗せます。これがボールをさらしている「誘い」のモーションになります。

次に右足で踏んでいるボールに横から相手の足先が伸びてくるところをイメージして、ボールを右足で引き込み、と同時に軸足の左足も20cmほど飛びながらボールに近づき、くるぶしにぶつけます。

この瞬間に相手の股をボールが転がって抜けていることが分かりますが、相手は分かっていません。

一番のコツはさらしておいて股を開かせることと軸足の近寄り叩くステップになります。

ボールを引き込む勢いと軸足の数10cmのステップの勢い同士をぶつけてボールを当てて出していく要領となります。

ある程度出すボールのスピード・距離は軸足のステップ移動する反発力で調整をしていきます。

最初は相手がいるよりも、ドロー&プッシュを使ってパスの練習をします、サッカーのゲーム中蹴り出す動作なしに短いパスを出せるようにしておきます。

上達するとドロー&プッシュを使って前後左右にボールを出せるようになり、ボールの出したい方向を向かなくても出せるので「ノールック」パスとして使うことが出来ます。

2. ドロー&プッシュの使い所

ボールの距離が出る抜き方ではなく、ボールキープしているところに寄せてきた相手の股を通して相手の背後でシュートかパスかという技なのでペナルティ内もしくはその付近で密集地域でも使える技となります。

サッカーのノールックパスとして使えることから、ドリブルで相手のペナルティエリア付近に進入し、サイドから上がってきた味方へ流してやるパスにはドロー&プッシュは最適と思われます。

また中盤で相手2~3人に囲まれた状況で、足を振り上げなくても前後左右にパスを出せるのでパスコースの予測が難しく、相手の間を通すようなパスを一瞬で出せるところがドロー&プッシュの魅力だと思います。

-サッカーのドリブルの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.