サッカーの様々なテクニック

サッカーにおける崩しの練習方法

更新日:

サッカーの試合で、相手を崩して得点を取るための練習方法とは?

1.サッカーにおける「崩し」とは?

サッカー用語「崩し」とはどういったものでしょう?

サッカーには、攻撃をする時間、守備をする時間があり、攻撃をする時間には、得点をするために、守備をする時間には、ゴールを守るためにプレーをします。

守備をする時には、相手選手をマークし、危ないスペースを消しながらゴールを守ります。

その組織されたディフェンスを動かし、連携を崩壊させることを「崩し」と言います。

2.具体的に崩す方法(ドリブル)

崩し方の一つとして、ドリブルがあります。

サッカーは、11人vs11人の試合なので、単純に1人ずつにマークがつけば、フリーの選手はいなくなります(基本的には、一番危ないディフェンスラインは1人DFを多く配置しますが)。

このマークを外すための一つがドリブルで、そのマーカーを抜くという方法です。

1人抜けば、フリーになり、ゴールに向かいやすくなります。

そのフリーの選手を次の選手がマークすることになると、元々のマークに付かれてた選手がフリーになります。

これで、この周辺は崩れたことになります。

これが、ゴールに近ければ近いほどチャンスになるでしょう。

ドリブルを練習して上達することは、崩すために大切なことです。

3.具体的に崩す方法(パス&サポート)

ドリブルのほかには、パスでの崩し方もあります。

守備をする選手は、マークする相手とボールを見なければなりません。

しかし、サッカー選手なので、どうしてもボールの方に気を取られがちになってしまいます。

ボールがずっと同じ場所にあれば問題ありませんが、当然ボールは動きます。

ボールが動いた時に、攻撃の選手も動くことによって、ディフェンスの選手はマークしてる相手を見失いやすくなります。

その瞬間にボールを貰えれば、フリーで受けられる可能性も増えるでしょう。

味方選手の状況を観ることも大事ですが、相手選手の状況も観られるように練習すると良いでしょう。

4.サイド攻撃

当然ですが、ゴールは中央から動きません。

ディフェンスは、中央にあるゴールを守ることが目的となります。

しかし、ボールがサイドに入れば、ディフェンスもサイドに行かざるを得なくなります。

そうすれば、必然的に中央のゴール前にディフェンスが少なくなります。

中央攻撃で素早く攻める方法とサイド攻撃で相手ディフェンダーを釣り出して攻撃する方法を上手く使い分けられれば、よりゴールシーンが増えることでしょう。

5.最後に

崩しの目的は、ゴールです。

ゴールをするために、その時その時に判断をし、中央攻撃なのか、サイド攻撃なのかを決断することがゴールをするための上達への近道なのです。

-サッカーの様々なテクニック

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.