サッカーの各ポジションの上達法

サッカーのWB(ウイングバック)の基本的な役割と動き方

更新日:

ウイングバックは聞き慣れないポジションであり知らない人も多いと思いますが、現代サッカーではウイングバックを置くフォーメーションで戦うチームが増えてきています。

そこで今回は「ウイングバックの基本的な役割と動き方」について紹介します。

1.WB(ウイングバック)の役割

ウイングバックは、基本的にMFの部類に入るとされていますが役割としてはサイドバックに近いことが求められます。

位置はサイドバックより高いポジションを取り、サイドバックより攻撃的な役割を担います。

イメージが湧きにくい人は、サイドバックとサイドハーフの間の役割を担うポジションだと考えるとわかりやすいと思います。

よって、攻撃も守備も求められて、かなりの運動量が必要になってきます。

2.WBの動き

ウイングバックの動きは少し複雑になってきますし、チームの戦術によって大きく変わってきます。

また基本的にウイングバック専門の選手というのは珍しく、サイドバックの選手やサイドハーフの選手が務めることがほとんどです。

なので務める選手の特徴によって動きが変わってくるものです。

今回はウイングバックの動きで気を付ける必要がある、5バックにならない動きと相手選手のマーク対応の2つを紹介します。

1. 5バックにならない動き

サッカーでウイングバックを置くフォーメーションで戦うチームは、ほとんどが3バックを採用します。

そして、その1列前のサイドでウイングバックの選手はプレーすることになります。

注意する点は、守備の時間が多くになることでポジションが下がっていき、3バックと同じ列でのプレーになり結果的に5バックのような形になることを避けることです。

この現象は非常に多く見られ、チームのバランスを崩してしまうことや、前線の選手が孤立してしまうことなどで、攻撃が機能せずに押し込まれてしまいます。

なので、攻撃時にはしっかりウイングバックのポジションまで上がる動きをすることを意識する必要があります。

2.マーク対応の動き

サッカーでウイングバックを置くときのほとんどは、サイドバックとサイドハーフが存在しないフォーメーションになります。

そうすると相手にサイドバックとサイドハーフが存在する場合、守備の時数的不利の状態に陥りやすくなります。

なのでマークの受け渡しなどを上手く使い、マーク対応の動きをする必要があります。

この時、中途半端になることは絶対に避けなければいけません。

マーク対応のことは常に意識してプレーすることを心掛けてください。

3.プロ選手を参考にする

ウイングバックだけではなく、どのポジションでも言えることですがプロのサッカー選手の動きを参考にすることは、上達には効果的で勉強になります。

オススメするのは、テレビの映像をよりもスタジアムに足を運ぶことです。

テレビだとどうしても、ボールを中心に移すのでボールを持っていないときの動きがわかりにくくなってしまいます。

実際にスタジアムに観戦にいくと、全体を見渡すことができてオフ・ザ・ボールの動きもしっかり観察でき、上達するのでとても参考になります。

-サッカーの各ポジションの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.