サッカーの各ポジションの上達法

サッカーのSMF(サイドミッドフィルダー)の基本的な役割と動き方

更新日:

サッカーで、SMF【サイドミッドフィルダー】は、MFに属してサイド攻撃でサイドを制圧することにより攻撃の幅を広げることが求められる人気のポジションです。

そこで今回は「SMFの基本的な役割と動き方」について紹介します。

1.SMF(サイドミッドフィルダー)の役割

サッカーでSMFはサイドの高い位置にポジションを取り、サイドを攻撃と守備によって制圧する役割が求められます。

攻撃時は相手陣内の深くまで侵入して、クロスからチャンスメークをすることや、自らシュートを打つなどアグレッシブなプレーが必要となってきます。

守備時には、サイドバックとの連携により相手の選手にサイドから侵入されることを防ぐ役割を持ちます。

サイドでの上下動が激しく、運動量とタフなプレーが最も求められるポジションの1つです。

2.サイドミッドフィルダーの動き

サッカーでSMFは、サイドでの上下動が基本的な動きとなり攻撃時はアグレッシブな動きが必要となり、守備時にはサイドバックとの連携した動きが必要となります。

しかし、メインはチームの戦術にもよりますが基本的に攻撃的なポジションでのプレーになります。

よって、今回はSMFで重要な裏へ抜け出す動きとドリブルで仕掛ける動きの2つを紹介します。

1.裏へ抜け出す動き

SMFの裏へ抜け出す動きは、相手のサイドバックの裏を狙うことがほとんどです。

しかし、相手も警戒してくるのでタイミングよく走り出す動きが必要がとなってきます。

味方の選手がいい状態でボールを受けたら、顔を上げる前に走り出すことができればボールを受ける時には、トップスピードになり相手のサイドバックの裏を取ることができます。

しかし、走り出した後に味方選手がボールを失うと守備に戻るのが遅くなるというリスクがあることも覚えておいてください。

もう1つ注意することはオフサイドです。

走り出すのが早すぎて、飛び出ししまうとオフサイドにかかってしまいます。

サイドに位置しているので、オフサイドラインは比較的見やすいのでオフサイドに掛からないように心掛けてください。

2.ドリブルを仕掛ける動き

SMFでドリブルを仕掛ける動きがないと相手に脅威を与えることはできません。

積極的にドリブルを仕掛けることを意識してください。

その際に注意することは、縦への仕掛けと中への仕掛けを両方行うことです。

どちらかだけだと相手に読まれてしまい、ドリブルが効果的ではなくなってしまう恐れがあります。

3.プロ選手を参考にする

SMFだけではなく、どのポジションでも言えることですがプロのサッカー選手の動きを参考にすることは、上達には効果的でありとても大切で勉強になります。

オススメするのは、テレビの映像をよりもスタジアムに足を運ぶことです。

テレビだとどうしても、ボールを中心に移すのでボールを持っていないときの動きがわかりにくくなってしまいます。

実際にスタジアムに観戦にいくと、全体を見渡すことができてオフ・ザ・ボールの動きもしっかり観察でき、上達するのでとても参考になります。

-サッカーの各ポジションの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.