サッカーの各ポジションの上達法

サッカーで一番走るサイドバックの練習

更新日:

サッカーではポジションごとに担う役割も変わってきます。

今回はその中でもサイドバックの重要性と行うべき練習方法について、書いていきたいと思います。

最近だと長友選手や内田選手などの活躍のおかげで、サイドバックというポジションの人気度も高まってきています。

ですが、全ポジションの中で一番の運動量を誇っているといっても過言ではありません。

今回はそんなサイドバックに必要な能力を上達させるための練習メニューを紹介します。

1.基本のアジリティとスタミナをつける

正直、前線に攻めに行くときもあれば、自分のエリアを守らなければならないときもあります。

あくまで、「バック」という言葉もついている通り、後ろの選手ですので、ディフェンス能力は高い必要があります。

それに加えて、前線の選手をサポートしに行く走力や俊敏さも必要です。

これはフットワークを積極的にこなしていくしか上達の道はありません。

毎日の走り込みとラダートレーニングなどのアジリティを必要とするトレーニングをひたすらこなしましょう。

基礎的なスタミナをつけるためにも、長距離のランニングや短距離でのスピードなどにもこだわりましょう。

前線へのあがりが遅かったり、戻りが遅かったりするのはサイドバックを務める上で論外なので気をつけましょう。

とにかくスタミナやアジリティは反復練習なので、続けることを目標にしていきましょう。

2.サイドバックとしての動き

サイドバックを始めたばかりの時は、自分のエリアを守ることに必死になっている時があります。

ただ、そんなに縛られているポジションではありません。

サイドを中心に動いているならそれなりに自由に動けるのもサイドバックの魅力の一つです。

これは試合の中でしか磨くことはできませんが、守備の時は自分のマークの人に置いていかれないように守りましょう。

攻めの時は自由にやりましょう!

ただし、守備に切り替わったときに自分のマークの所にすぐに戻れる範囲内にいましょう。

そのためにもスタミナやアジリティは重要になってきます。

3.サイドバックとしてのチャンスメイク

身体を温め、サイドバックは守備ができるのはもちろんですが、攻撃の部分でもチームのために動けなければなりません。

特にチームのフィニッシュ、つまりはシュートに行くまでには人数をかけないといけなければなりません。

そこでサイドバックの攻撃参加が必要不可欠となります。

サイドからの攻撃の時、サイドバックがサボってしまうとなかなか崩すことは難しいと考えてください。

サイドからの攻撃のとき、クロスをあげるのもサイドバックの役割であるので、ロングキックはしましょう。

実際に、サイドからクロス上げ、ゴール前に2人ほど立ってもらいクロスに合わせるという練習は実戦さながらなので練習メニューに加えることをオススメします。

-サッカーの各ポジションの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.