サッカーの各ポジションの上達法

ボランチの役割とは?|サッカーのポジション

更新日:

サッカーでは、10人のフィールドプレーヤーのポジションが決められていて、それぞれのポジションの選手が自分の役割を果たすようにプレーをしています。

その中で「ボランチ」という、チームの要となるポジションの役割についてみてみましょう。

1. 「ボランチ」というポジションの役割

サッカーには、いろいろなポジションの選手がフィールド全体に配置されています。

それぞれのポジションには、基本的な役割があり、流動的なゲームの中で、お互いを補完しながらゲームを進めています。

その中で「ボランチ」というポジションは、チームにとって大変重要な役割を担っているポジションと言えます。

「ボランチ」という言葉は、ポルトガル語で「ハンドル」とか「舵取り」という意味を表します。

車においてのハンドル、船の舵取り、と考えると車の運行や船の航行にとって最も重要なものを意味していることが分かるでしょう。

サッカーにおける「ボランチ」というポジションは、ゲームを進めるうえでのチームの舵取り役を担っているのです。

「ボランチ」は、ミッドフィルダーの中のポジションで、ミッドフィルダーの一番後方に位置します。

では、「ボランチ」にはどんな役割が求められるのでしょうか。

まず、守備においては、相手に攻撃のきっかけを作らせないことであったり、相手の攻撃を遅らせたりすることが求められます。

一方、攻撃においては、バックからフォワードにつなげていくボールを「ボランチ」を経由させることで、チームとしての攻撃を作っていく役割を果たします。

また、攻撃においても守備においてもバランスが崩れたときは、自らがフォローに回ったり、味方に指示をしてフォローさせたりする役割も担っています。

つまり、「ボランチ」は、攻守両面でチームとしての動きを決定していく重要な役割をするポジションと言えます。

2.「ボランチ」というポジションに求められる資質とは

「ボランチ」というポジションについてみていくと、他のポジションに比べて、難しいポジションであることがわかります。

シュートが得意な選手は、フォワードに入り、守りが得意な選手はバックに入る、と考えていくと「ボランチ」は攻撃も守備もできなければならないし、ゲーム全体の流れを読みながら様々なプレーを判断していかなければならないポジションだということになります。

知的なプレーヤーが「ボランチ」には求められます。

さらに、攻撃にも守備にも関与していかなければならないことを考えると常に動き回れる運動量も必要になります。

攻守にわたってすべての技術を高いレベルで実践でき、戦術について深い理解ができる選手が求められるポジションだといえます。

まとめると、サッカーにおける「ボランチ」というポジションは、攻守にわたって、身を粉にしながら、チームがバランスよく攻守にわたってプレーできるように動き続けるポジションといえるでしょう。

-サッカーの各ポジションの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.