サッカーの各ポジションの上達法

ファーストタッチの置き場所 | サッカーのサイドバックのコツ

更新日:

サッカーにおいて、ファーストタッチというのは非常に重要なものになってきます。

ファーストタッチでボールを思った場所に置くことができれば、次のプレーがやりやすくなるからです。

その意味で、一番気を遣ってタッチすることが重要になってきます。

1.サイドバックのボールの持ち方

サッカーにおいては、それぞれのポジションで、ボールの持ち方というのは変わってくるものです。

例えば、ハーフの選手であれば周りに相手選手はたくさんいますので、そのプレッシャーの中で的確にボールを置くことが必要ですし、密集地帯の中でボールを取られないようなポジションにボールを置くことが重要です。

それに比べて、サイドバックでは片側のサイドと後ろはほとんど相手がいない状況が多いので、前に的確にファーストタッチでボールを出すことによって、周りの状況を見極め、次のプレーにつなげていくことが大事になってきます。

2.ファーストタッチの大切さ

ファーストタッチと言うのは、どのポジションにおいても大切な要素です。

サイドバッグとしての技術を上達させるのであれば、なおさらこのファーストタッチを的確に行うことが大切になってきます。

サイドバックはピッチの両サイドに位置するので、あまり目立つポジションではないように思われますが、全体を見渡すことができるポジションでありますので、そこできちんとした起点を作ることができれば、攻撃においても大きな幅をもたらすことができます。

そういった意味でもサイドバックの攻撃参加は重要になってきますし、ここでのファーストタッチと言うのは重要な要素になってくるのです。

3.体の向き

サッカーにおけるファーストタッチというものは、非常に重要なものになってきます。

その際に考えるべきことは、体の向きをどのような方向に向けておくのかということです。

ボールを触る前に体の向きを決めておけば、ボールタッチをしてトラップをした時には、自分の行きたい方向に行くことができます。

サイドバックでは片方がタッチラインとなりますので、そこに背を向ける様な形、若しくは前線へつなげる形でボールをトラップすることになりますが、ファーストタッチをきちんとおこなわなければボールがタッチラインから出てしまったり、相手にとられてしまうこともありますので、ファーストタッチの大切さがわかります。

的確なファーストタッチをすることができれば 相手をかわすことも出来ますし、相手に詰められる心配もなくなってきます。

そういった意味でサイドバッグとして、ファーストタッチの上達を試みるのであれば体の向きを意識することが大切になってきます。

-サッカーの各ポジションの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.