サッカーの各ポジションの上達法

サッカーのDMF(ディフェンシブミッドフィルダー)の基本的な役割と動き方

更新日:

DMF【ディフェンシブミッドフィルダー】はボランチとも呼ばれることがあり、主にゲームを中盤の底から組み立てたり、相手のMFの攻撃を防いだりするポジションで、経験が大事になってきます。

そこで今回は「DMFの基本的な役割と動き方」について紹介します。

1.DMFの役割

DMFは、MFの底に位置して名前の通り守備を重視しながらゲームを組み立て安定させることが求められます。

攻撃時には、ショートパスでゲームを組み立てながらロングパスでサイドチェンジや前線にラストパスを出すなど多様なパスを使い、攻撃にバリエーションを与えることも大事になってきます。

守備時には、相手の攻撃を遅らしたりボール奪取をしてロングカウンターの起点になったり、相手のカウンターの芽を潰す役割も重要になってきます。

またピッチの中央に位置するので、チーム全体の指揮や味方を鼓舞したりすることが多く、チームのベテラン選手やキャプテンが任せられることが多いポジションでもあります。

2.動き方

DMFの動きはは選手によって個人差が比較的多いポジションかと思います。

サッカーでは、運動量は少ないがパスセンスとポジション二ングでゲームをコントロールする選手もいれば、豊富な運動量でボールに多く触れてゲームを作っていく選手もいます。

今回は、ボランチに必要な動きで代表的な、セカンドボールを狙う動きとチーム全体を押し上げる動きの2つを紹介します。

1.セカンドボールを狙う動き

サッカーでは、セカンドボールを回収することはチームにリズムをもたらしますし、2次攻撃に繋げることもできますし、逆に防ぐこともできます。

セカンドボールを回収する動きは、ボールがどこに溢れるかを予測して相手より早く動くことが大切です。

またセカンドボールを回収した後にボールを失わないことも重要になってきます。

前線の選手はセカンドボールを拾うとどんどん仕掛けてもいいですがDMFは落ち着かせる必要があります。

ボールを失わないことを最優先に考えて、ボールを奪った後の選択をすることが求められます。

2.チーム全体を押し上げる動き

DMFの選手が、バックパスや横パスばかりしているとチームの攻撃は停滞してしまいます。

そういうときはドリブルで推進力を見せてチーム全体を押し上げる動きが必要になってきます。

またリスクを負い前方に上がってボールを受けることでチームの攻撃が活性化します。

しかし注意しなければいけないのはタイミングです。

不必要にリスクを負うことはチームが不安定になってしまい、DMFの役割を完遂できません。

タイミングを考えて効果的に取り入れることが大事です。

3.プロ選手を参考にする

DMFだけではなく、どのポジションでも言えることですがプロのサッカー選手の動きを参考にすることは、上達には効果的でとても大切で勉強になります。

オススメするのは、テレビの映像をよりもスタジアムに足を運ぶことです。

テレビだとどうしても、ボールを中心に移すのでボールを持っていないときの動きがわかりにくくなってしまいます。

実際にスタジアムに観戦にいくと、全体を見渡すことができてオフ・ザ・ボールの動きもしっかり観察でき、上達するのでとても参考になります。

DMFは現日本代表で言うと山口蛍選手や長谷部誠選手などは海外でも評価が高く、参考にしてみるといいと思います。

-サッカーの各ポジションの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.