サッカーのオフェンスの上達法 サッカーのシュートの上達法

シュートが決まりやすいゾーンの考え方 | サッカーのオフェンス戦術

更新日:

サッカーでシュートが決まりやすいゾーンというのは、ペナルティエリアの少し中になってきます。

キーパーから近すぎても、遠すぎてもゴールを狙うのは難しくなってくるからです。

1.ゴールの全てが狙える場所

サッカーはいかにして、ゴールを狙っていくのかというスポーツです。

ゴールを狙うために、パスを繋いだり、ドリブルを仕掛ける必要が出てくるのです。

そして、シュートが打ちやすいゾーン、決めやすいゾーンというのが、それぞれにありますが、一般的には遠すぎず、近すぎない距離がいいとされています。

シュートはゴールに入らなければ意味がありません。

そのために、数秒のフリーの時間を作り出してシュートを打つのです。

最もゴールが狙いやすいとされるのは、ペナルティエリアの少し中が距離も適度にありますので、シュートしやすいゾーンとされています。

また、シュートが狙いやすい場所として、ゴールの正面が一番良い場所とされています。

それはサイドに行くことで、ゴールへの角度がなくなっていき、シュートをしても狙える範囲が狭くなるからです。

最も広い面積でシュートを狙うことができるのは、正面になってくるのです。

2.強いシュートが打てる距離

サッカーでは正面からシュートを打つことができても、マークが激しすぎる場所になってくると強いシュートが打ちにくくなります。

相手にプレッシャーをかけられて、思うような強いシュートを打つことができなくもなってきます。

強いシュートを打つことができれば、相手の キーパーが反応しても届かない場所へ打つこともできますので、より強いシュートを打てる場所というのも重要になるのです。

それが、マークはきつくても相手が激しく来ることが難しい、ペナルティエリアの少し内側と言うゾーンになってくるのです。

ここからであれば、様々な場所へシュートを狙えますし、プレッシャーが少し弱くなるだけで自由なキックがしやすくなります。

そういった意味で、ゴール正面のペナルティーエリアは様々なアイデアを出して、ゴールが狙えるゾーンと言えます。

3.自分に得意エリア

シュートが決まりやすいゾーンと言うのは、人によって変わってくるものです。

自分の得意なキック、インサイドやアウトサイド、インステップなど色々な蹴り方の中で得意な蹴り方があれば、それを最大限に利用できる場所が一番のシュートゾーンと言えます。

ですから、全員に同じ角度、同じ場所から打つことが最高のシュートゾーンになるとは言い切れないのです。

人それぞれの特徴があり、キーパーとの駆け引きのしやすい場所というものもありますので、それを自分の中で見つけることで上達することが何よりも重要なことになってくるのです。

シュートが決まりやすいゾーンと言うのは、個人の力量によって変わってきます。

また、自分の得意なエリアがあったり、密集地が好きな選手や、フリーでないとなかなか決まらない選手など特徴があるものです。

ですから、シュートが決まるゾーンと言うのは、一概にあるわけではなく、自分自身で練習していく中で見つけることができるのです。

何度も練習を繰り返して上達していくものなのです。

そして、この形であればゴールを外さないと言う絶対的な自信ができれば、そのゾーンは自分だけのシュートゾーンとして確立されていくわけです。

-サッカーのオフェンスの上達法, サッカーのシュートの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.