サッカーのオフェンスの上達法 サッカーのドリブルの上達法

足が遅くてもドリブルで抜くコツ | サッカーのオフェンス戦術

更新日:

ドリブルで相手を抜くには、スピードがなければいけないわけではありません。

足元の技術や、相手との駆け引き、タイミング、それらをうまく使うことで足が遅い人であって相手を抜くことができるのがサッカーのドリブルになるのです。

1.ドリブルはコツ

サッカーでドリブルをするには、足の遅い人であっても相手を抜くことはできるのです。

スピードがあれば、スペースを生かしたドリブルができますが、コツをつかみ自分のタイミングでドリブルをすることができれば、足が速くなくてもドリブルを武器とすることもできます。

サッカーには、大勢の敵と味方が入り乱れていますので、50メートルを一人で駆け上がるようなドリブルはほとんどありません。

たいていは、密集地帯を数メートルほど抜けるだけで、局面は大きく変わってきます。

ですから、相手を抜くだけで、その後で体をうまく入れることによって、相手にボールを取られずにドリブルして行くことができます。

こういった小さな駆け引きができるようになれば、足が遅い人であってもドリブルをすることができます。

ドリブルを上達するのは、スピードだけではなく、ボールタッチと自分だけのリズム感になってきます。

2.オリジナリティを出す

サッカーにおいて、ドリブルで相手を抜くには、スピードだけではありません。

自分自身の独特なリズムがあれば、それだけで相手をかわすことは出来るのです。

ドリブルを上達しようと考えると、さまざまなフェイントを学ぶことになりますし、どの様に抜くことが綺麗なものか考えるようにもなります。

しかし、実際に試合中にドリブルを使うのであれば、フェイントはたくさんなくても自分が使いやすいものをマスターすることで、相手の重心を少しずらして逆をつけばそれだけで抜いていくことはできるのです。

スピードに乗って相手を振り切るドリブルも必要になることがありますが、試合中であれば、一瞬マークを外したり、密集している場所で、数メートルをドリブルするだけでも十分に状況は変わってきます。

そのようなドリブルは足が遅い人であってもタイミングさえよければ、抜くことができるのです。

3.繰り返すこと

サッカーでドリブルを上達しようと考えているのであれば、何度でも繰り返し練習することが重要になってきます。

ドリプルは、ボールを自分が思っている通りに運ぶ必要がありますので、そのためにはどのような力加減でボールに触れることが大切かを体を使って知る必要があるのです。

何度でも練習すれば、自分のやりやすいドリブルの形を見つけることも出来ますし、自分だけのオリジナルのドリブルを作り上げることも出来るのです。

ドリブルは足が遅い人でも、しっかりとしたボールタッチがあり、相手との駆け引きが上手くなれば抜くことができますので、練習を繰り返して上達することが何よりも大切なことになってきます。

-サッカーのオフェンスの上達法, サッカーのドリブルの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.