サッカーのオフェンスの上達法

サッカーでここぞというときの決定力を上げる練習方法

更新日:

サッカーの試合に勝つために、決定力を上げる練習は必要不可欠です。

1.決定力とは

まず、決定力とはなんなのか。

単刀直入に、ゴールを決める力となります。

サッカーは、ゴールを決める、ゴールを守るというスポーツです。

1点取れるか取れないかで、勝敗が決まるので、日頃から決定力を上げる練習をしておきましょう。

2.決定力を上達させる方法パート1

さて、具体的にどのような練習をして、決定力を上達させるか。

まずは、思ったところにボールを蹴れるように、キックの練習をすることです。

豪快な強烈なシュートに憧れる子どももいるでしょうが、シュートはGKの届かないところを狙って蹴るものです。

思ったところに蹴れるよう上達することが、決定力を上げるための一つの方法でしょう。

3.決定力を上達させる方法パート2

思ったところにボールが蹴れるようになったら、次は色々なシチュエーションでシュート練習することです。

サッカーでは、全く同じシチュエーションは起こりません。

試合で起こりうるシチュエーションをシュミレーションして、試合を想定しながら練習しましょう。

例えば、試合では思ったところにパスが来ないかもしれません。
味方のパスが少しずれて飛んできたとしても、常にそれに対応しなければなりません。

相手DFのポジショニングによっては、コントロール出来るかもしれないし、1タッチでシュートしなければならないかもしれません。

サッカーの試合では、色々な状況があるのです。

4.決定力を上達させる方法パート4

最後に、自分の得意な形を習得しましょう。

例えば、自分の右足の前にボールを置けたらこういうシュートが蹴れる、といったようなものを作っておくと、試合中に慌てなくなります。

世界的なストライカーのゴール集を見ていると、ある選手はドリブルからのゴールが多かったり、ある選手はヘディングでのゴールが多かったりなど、似たような形のゴールが多いものです。

それは、その選手達が自分の得意な形を持っているということです。

色々なタイプのストライカーがいますが、共通して言えるのは、しっかりと狙ってシュートをしているということです。

決して、力任せに蹴っている選手はいません。

決定力の高さを試合の勝敗を分けます。

試合でしっかりと得点できるよう、日頃から試合を意識してシュート練習をしましょう。

-サッカーのオフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.