サッカーのオフェンスの上達法

PKを決めるためのコツ|サッカーのセットプレー

更新日:

サッカーのPKは心理戦と言われるとおり、同点・逆転・優勝などその得点の意義がプレッシャーとなってそのままキッカーにのしかかるセットプレーのひとつです。

ゲーム中のPKと引き分けの勝者を決するためのPK戦ではキッカーおよびGKの心理も戦略も違うとものとなります。

1.ゲーム中のPKを決めるためのコツ

ゲーム中のPKのキックで一番避けなければいけないのは、枠を外すことは絶対にやってはいけないもの、得点の可能性はゼロとなります。とにかく枠は外さないこと!

意外と注意が行かないのが「助走距離」、緊張のあまり距離をとらない場合はほぼPK失敗、キックの前の助走は少なくともペナルティエリアを出るところまでは確保します。

キックのコース取りとなりますが、キッカー(右足)から見て右に蹴るか左に蹴るかは、ボールの軌道とスピードにより決めていきます。

GKから遠ざかるボールであれば右側へカーブボールでふくらみを持たせますがスピードが落ちることに注意、コース優先で右上が決めどころとなります。

低く抑えるのか上とするのかはGKとしては両サイドの上はサイドにセービング(横っ飛び)したうえで高さまでカバーするのは難しいものとなるので、下よりは上を狙うのがベストとなります。

PKのキックがスピード・パワー優先ならば左、思いっきり考えずにきっちり蹴りましょう。

リバウンド(跳ね返り)があった場合に詰められるようにペナルティエリアのすぐ外で準備をしておきます。(ラインはエリアの一部とされているので線を踏んでいてはダメ)

GKが弾いたボールは再度PKのキッカーが触れますが、ゴールポスト・バーに当たって戻ってきたボールは続けて2回は触れないので注意、他のメンバーがペナルティエリア外から詰めてシュートするようにします。

2.PK戦でのPKを決めるためのコツ

キッカー5人を選びますが、確実に決められる(上手い)選手を1番に選び先行することが重要で、あとは自分から申し出た順にしていきます。

PK戦が始まる前までにケガ等によりPKを蹴ることができない選手をチェック、蹴ることができない選手がいれば主審に申告すること。(相手チームも人数を減らさなくてはならない)

5人で決しない場合のために、6番目以降(11番目まで)も決めておきます。

相手のGKのセービング(飛ぶ)方向の得意・不得意も見ておきます。

PK戦の場合は、GKおよびゴールポスト・バーに当たった跳ね返りのボールはシュートすることはできません。(PK失敗となります)

-サッカーのオフェンスの上達法

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.