サッカーが上達する練習メニュー

壁役を利用したサッカーの練習方法

更新日:

よくサッカーの練習で「壁役」を利用した練習方法があります。

かなり効果的で練習としての質も高かったり、試合本番でもこの連携が実を結び点数に繋がることもあります。

壁役を使ったパス回しやシュート練習などを練習メニューに組み込み、いい連携を取れるようになりましょう。

1.壁役を使ったパス練習

壁役を使ったパス練習は試合の中でも活用できることも多いです。

イメージはフォワードの選手が壁役でビルドアップする際に、フォワードに一度当ててからゲームを組み立てていくイメージです。

なので、壁役はフォワードの人にやらせるとよいかと思います。

練習メニューとしては、人数に応じて、適当な大きさのコートを作り、その両辺に壁役の選手を置き、その人に当てて味方がボールをもらうことができれば1点というポイント制のゲームもすると、試合さながらの意識で練習に励むことができると思います。

サッカーでは常にボールが動くので、そのことを意識して練習させるようにすることが上達に繋がると思います。

また、この練習はコートの大きさに応じて、4vs4に対して、フリーマンの役割の人間を入れて行うとさらに面白いかと思います。

攻守の切り替わるスピードが普段の試合よりもずっと早いので、攻守の切り替えの意識は自然と身に付きます。

無論、チームで行う練習なのでパス回しにしろ、ディフェンスにしろ連携が取れていないと上手くいかない練習メニューとなっています。

2.壁役を利用したシュート練習

壁役を利用したシュート練習は試合の中で使える機会も多いかと思います。

フォワードとミッドフィルダーの連携時にかなりこの練習と同様のシチュエーションが来るときがきます。

また、3人目が絡んでくるとさらに攻撃のパターンも増えてくるかと思います。

練習メニューとしては、ペナルティエリアの少し外に壁役の選手を一人置いて、その人にボールを当ててリターンパスをもらい、シュートをするというシンプルな練習です。

ただし、基礎となるボールコントロールが出来なければできないですし、これが連携からのシュートの基礎となる形です。

壁にパスを出す前にジグザグドリブルなどをコーンなどを置いてやるとより上達するかと思います。

良いパスと良いリターンパスが返ってくるということが当たり前になってくると試合中でも自然に出てくるかと思います。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.