サッカーが上達する練習メニュー

三人で出来るサッカーの練習方法

更新日:

サッカーの試合で活躍するための三人で出来る練習方法の紹介です。

1.サッカーにおける三人とは

サッカーの話をしている中で、よく「三人」という言葉がキーワードになります。

味方がボールホルダー一人に対して、受け手が二人(合計三人)いることによって、ボールホルダーのパスコースが二つになります。

これは、ボールホルダーにとっては、とても楽な状態なのです。

2.三人で出来る練習方法

例えば、たまたま公園に三人が集まってサッカーの練習をしようとなる時もあるでしょう。

まずは、三人で10mほどの距離で三角形を作り、パス交換をするというのがオーソドックスな練習方法でしょう。

2人組のパス交換だと、真正面から来たボールを真正面に止め、真正面に返すというものになります。

しかし、実はサッカーではそこまであるシチュエーションではありません。

三人になれば、パスに角度が付き、コントロールにも角度が付きます。

これで、より実践的な技術が上達出来るでしょう。

3.2vs1

次に、攻撃者二人、守備者一人という練習方法。

2vs1の状態は、当然攻撃側が有利な状況です。

よって、ゴール前ならば、決定的なチャンスとなるのです。

攻撃者は、ドリブルで守備者をかわしても良いし、味方選手にパスを出しても良い状態です。

その際、大事になってくるのが、パスをするふりをしてドリブルをする、逆にドリブルをするふりをしてパスをするなど、相手をだますということです。

逆に守備側は、数的不利な状況で、どうボールを奪うかを考えます。

例えば、ボールホルダーに対してパスコースを消せば、1vs1に持ち込めるかもしれないし、逆にドリブルのコースを消せば、パスカットを狙えるかもしれません。

攻撃側も守備側も頭を使いながら、色々なシチュエーションの2vs1をやって、上達しましょう。

4.最後に

サッカー用語で「トライアングル」というものがありますが、これは3人で三角形を作るという意味です。

冒頭で述べたように、ボールホルダーに対して、二つのパスコースを作るという意味になります。

日頃から、三人で練習を行うことによって、試合中に上手く三人の関係を作ることができるようになるでしょう。

三人+もう三人がいれば、3vs3のミニゲームも良いかもしれません。

人数がたくさんいても、わざわざ3vs3のミニゲームをする指導者もいます。

サポート役が二人いることによって、パスコースが二つ出来るという理由が一つ、そして一人でもサボってしまうと、パスコースが一つになってしまうため、サボれないということです。

サッカーにおける「三人」を意識したトレーニングは、上達への近道でしょう。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.