サッカーが上達する練習メニュー

サッカーにおける三人目の動きの練習方法

更新日:

サッカーの試合で、三人目の動きを成功させるための練習方法を紹介しましょう。

1.三人目の動きとは

そもそも三人目の動きとはどういうものでしょう。

サッカーの試合では、二人の関係のパス交換に対して、もう一人味方選手が絡んでくると、相手DFにとって、とても厄介になります。

二人のパス交換の間に、三人目の動きで、裏に飛び出したりすると、相手DFはマークをしずらくなるでしょう。

2.具体的な練習方法 4vs2ポゼッション

三人目の動きの練習方法でお勧めなのは、4vs2のポゼッションです。

長方形のグリッドを作りその中で4vs2を行うという練習方法です。

長方形の縦パスを入れること意識するように選手には促します。

理由としては、長方形の縦は当然距離が長くなるため、DFのボールを追う距離も長くなります。

DFは、この縦パス、DF同士の間を通されないように促してください。

この縦パスが入った後が重要で、サイドの選手が三人目の動きとしてサポートしなければ、ボールを受けた選手が孤立してしまいます。

このサポートのスピードを上げられるよう、練習してみましょう。

3.具体的な練習方法 3vs2+GK

次に、3vs2+GKの練習メニューを紹介しましょう。

攻撃が3人、守備が2人、そしてGK1人というオーガナイズです。

攻撃の選手は横並びでスタートします。

例えば、真ん中の選手がボールを持ち、左サイドの選手にパスを出したとします。

この状況を思い浮かべた時に、DFの目線はどうなるでしょうか。

当然、左サイド(DF目線で言うと、右サイド)に目が移るはずです。

こうなると、攻撃側の右サイドの選手が見られにくくなるはずです。

その瞬間に、相手DFの裏を取ることが出来れば、大きなチャンスが出来ます。

この三人目の動きを成功させるためには、三人全員の意思疎通が出来ていないと成り立ちません。

三人目の動きを上達させるためには、常に意識を持ちながら練習しないといけないのです。

4.最後に

現代サッカーでは、守備のオーガナイズも進化してきています。

2人だけで崩せるという場面は少なくなってきました。

三人目の動きを入れることによって、相手DFの目線をずらすことが出来てきます。

日ごろから、三人目という言葉をキーワードにして、練習していくことが出来れば、チームとして上達し、試合で良いプレーがたくさん出来るようになるでしょう。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.