サッカーが上達する練習メニュー

サッカーの試合で上手くサポートが出来るようになる練習方法

更新日:

サッカーでは、ONと呼ばれる選手とOFFと呼ばれる選手がいます。

ONは、ボールを持った選手、OFFはボールを持っていない選手です。

今回は、OFFの選手が上手くサポートが出来るようになる練習方法を紹介します。

1.サポートのキーファクターとは

サポートとは、ONの選手を助けるためにボールを受けるプレーのことを言います。

サポートで重要なのは、「距離」「タイミング」「角度」となります。

まず、距離ですが、ONの選手との距離が近いか遠いかの話になります。

当然近くでサポートすればパスミスの可能性は減りますが、ONの選手の近くに相手DFがいた場合、パスを貰ったところでその選手のプレッシャーを自分が食らうことにもなりかねません。

それでは、逆に遠くでサポートすればパスミスの可能性が増えますが、ONの選手に付いていた相手DFのプレッシャーは受けずらくなります。

次に、タイミングですが、ONの選手が良い状態でボールを持っているならば、よりゴールに近い位置でサポートするべきでしょう。

さらに、ONの選手がボールを蹴れるタイミングになった瞬間に動き出すべきだと思います。

逆にONの選手がゴールに背を向けている状態でゴール前に走ってもボールは出てきません。

最後に角度ですが、たとえば、真横でサポートするのか、斜めになるのかは、ずいぶんと変わってきます。

真横でサポートした場合、インターセプトをされると、ONとOFF両方が置き去りにされますが、斜め前にサポートするば、インターセプトをされても、元のONの選手はまだ対応出来るでしょう。

この3つを意識してサッカーが出来る選手は、試合で使える能力の上達が見込めるでしょう。

2.具体的な練習方法

サポートを上達させるためにお勧めする練習方法は、4vs2のポゼッションです。

長方形のグリッドに攻撃4人、守備2人が入り、攻撃は2人のDFにボールを取られないように、ボールを回します。

この際、長方形の縦長のところにいる選手を目指すようにします。

サイドの選手がどうサポートするかによって、縦にパスを通せるかどうかが決まってきます。

先ほど述べたサポートの距離、タイミング、角度を考え、どうしたら縦パスが入れられるかを試行錯誤しながらプレーすれば、サポートの技術が上達するはずです。

選手も飽きずらい練習なので、ウォーミングアップに取り入れるなど、たくさん取り入れいて良いメニューだと思います。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.