サッカーが上達する練習メニュー

サッカーで動き出しが早くなる練習方法

更新日:

サッカーにおいて、動き出しはとても重要なファクターとなるため、練習でもテーマとして取り入れるべきです。

1.動き出しとは

そもそも動き出しとは、簡単に言うと、ボールを持っていない時に、ボールを持っている選手からボールを貰うために、行うべきプレーとなります。

サッカーには、味方がいて、相手がいて、そしてスペースがあります。

相手は、我々の邪魔をする選手達なので、ボールを貰った時に、相手が近くにいるよりも、遠くにいた方が良いはずです。

自分が良いプレーをするために、良い動き出しを身につけましょう。

2.ゴールへ向かう動き出し/h3>
単純に「動き出し」と言っても、色々なものがあります。

例えば、ゴールへ向かう動き出しは、一番わかりやすいかもしれません。

サッカーは、「ゴールを決める」、「ゴールを守る」ということを連続して目指すスポーツです。

ゴールを決めるためには、よりゴールに近いポジショニングを取るべきです。

そして、ゴールに向かってプレーするべきです。

その準備として、相手がどういう状況なのか、ボール保持者(味方選手)がどういう状況なのかを見極める必要性があります。

ボール保持者が自分にパスを出せる状況にあれば、相手選手よりも早くゴールに向かって動き出しをするべきです。

3.具体的な練習方法(2vs1+GK)/h3>
例えば、2vs1+GK(2がオフェンス、1がディフェンス)の練習メニューです。

相手DFが一人のため、ボール保持者は、自分でDFをドリブルで抜いても構いません。

しかし、ボール保持者には味方選手Aがいるため、DFはこの味方選手Aのことも気にしなくてはいけません。

例えば、味方選手AがDFの近くでボールを貰ったとするならば、DFはとても守りやすい状況です。

しかし、味方選手AがDFから離れたポジションでボールを受けることが出来る、なおかつゴールに向かってプレー出来れば、DFは守りずらくなります。

サッカーで重要な相手DFが嫌がるポジショニングを見つけることが上達出来るようになるトレーニングメニューです。

4.具体的な練習方法(2vs2+GK)/h3>
2vs1+GKの発展形として、2vs2+GKです。

今度は、DFが2人に増えたため、サポートする味方選手Aは、2人のDFを見なければならなくなります。

特に、自分をマークするDFの嫌がることをしなければなりません。

まずは、ゴールに向かえる体の向きで準備すること、そしてマークするDFから離れることです。

これが上達できれば、十分に相手DFの脅威になります。

DFの特徴もあるので、色々な選手同士で練習を何回も繰り返すことが大事になってきます。

DFの特徴を見極めて、その時その時に、よりよい選択が出来るように上達出来れば、試合で活躍するシーンが増えることでしょう。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.