サッカーが上達する練習メニュー

サッカーで必要なスピードをつける練習方法

更新日:

サッカーでは、スピードは選手の武器になります。

スピードのつく練習方法を紹介しましょう。

1.スピードが武器とは?

スピードは基本的には能力です。

もともと足の速い人もいれば、遅い人もいるのです。

やはり試合中にスピードのある選手は有利ですし、チームでも重宝されるでしょう。

2.スピードが上がる走り方?

能力の問題が大きいとは言え、もちろん練習によって上達もするのです。

例えば、腕の振り方を練習してみましょう。

腕を大きく振るというのはよく言われますが、肩を振るというやり方を練習してみると良いかもしれません。

手を後ろに組んだ状態で、肩だけを振りながら走るという練習をすると、腕の振り方も自然と変わってきます。

3.足の上げ方

次に重要なのが、足の上げ方ですね。

これは、色々な指導方法があって、よく言われるのが、腿を高く上げるという練習方法です。

やはり、足が上がっていないと、踏み込む力が小さくなるので、その分スピードも上がらないでしょう。

他に言われる練習方法が、足を上げた時に、かかとで自分のお尻を蹴れるように上げるという練習方法です。
実際にやってみるとわかるのですが、かかとで自分のお尻を蹴ろうとすると、蹴った後の足を少し前に出すようなイメージになります。

前へ前へ進むため、また力強く地面を蹴るための練習方法です。

これらを踏まえて練習すると、もちろん徐々にですが、上達が見られるようになると思います。

4.スピードの使い方

スピードはやはり武器です。

しかし、仮に足が大して速くなくても、速そうに見せる方法があります。

それが、スピードの強弱です。

例えば、ゆっくりとしたドリブルから、いきなりスピードを上げれば、相手DFは付いてこられないでしょう。

スピードを上げた状態から一旦ストップして、そこからまたスピードを上げるなど、スピードが無くても、スピードを使ったプレーで活躍できるのです。

5.サッカーに「よーい、どん」は無い

サッカーというスポーツにフライングはありません。

隣の選手より早く動き出すことが可能なのです。

ということは、いくら相手選手の足が速くても、その選手よりも早く動き出せば、その選手に勝てる可能性があるのです。

早く動き出すためには、予測や読みが必要になるかもしれません。

スピードを有効に使うためには、やはり状況判断が必要なのです。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.