サッカーが上達する練習メニュー

サッカーで必要なプレッシングの練習

更新日:

サッカーのディフェンスにおいて、大事なのはプレッシャーです。

もちろん、ファールにならないようにかけなければいけませんが、0ではいけません。

いかにプレッシャーをかけて相手のミスを誘って、ボールを奪うかを考えましょう。

しかし、頭を使ってプレスしなければいけません

今回はそんなプレスの仕方、プレッシングについて説明します。

1.プレッシングの仕方

プレッシングはおそらく中学の部活から学び始めます。

正直、小学の少年サッカーなどではあまり使われることはないでしょう。

中学からは頭を使ったサッカーが行われるので、単純に蹴って走ってとは違います。

いかに自分たちのペースにもっていけるかが重要になるので、ずるがしこい行動も時には必要となります。

守備でもたくさん頭を使いましょう。

まずは自分たちが守備しやすい方向に導くワンサイドカットをしましょう。

左に寄せたり、右に寄せたりすることで守備もしやすくなります。

2.チームで動くことを意識しましょう

守備は団体で行うものです。

個人で行っては絶対に取れないと思っていてください。

2人でも、3人でもいいので仲間と協力して守備は行いましょう。

特にワンサイドカットをしてサイドに追い込んだ時は注意が必要です。

逆サイドで行われている守備にも必ず関わる必要があります。

プレッシングは固まって行うことが重要なので、いくら広いサッカーのコートといえど、しっかり寄るようにしましょう。

味方間を狭くしておくことでプレッシングが滞ることなく行えて、パスされても別の人、次に繋がれても別の人、そんな距離感でプレッシングを行うようにしましょう。

これは練習としても、ゲーム内でキャプテンなどが声かけしながら行うことで練習できると思います。

3.思い切りプレッシングするタイミング

サッカーの状況によって、ディフェンスの仕方も変えなければいけませんが、その中でも思いっきりプレッシングをしなければいけないタイミングがあります。

もちろん、自分のゴール前では身体を張って守備をしなければいけませんが、それ以外にもあります。

それは、相手が後ろ向きでボールを持った瞬間です。

もっと言えば、自分が相手選手に沿われた状態で相手選手がボールを持った時はきつくプレッシングしましょう。

相手に前を向かせてしまうと、自由にやれているのと一緒です。

逆に前が向けなければ行動を制限できています。

サッカーは前に進むスポーツなので、前を向かせなければそこまで脅威ではありません。

ここはフルパワーでプレッシングしましょう。

しかし、これもトレーニングや練習が必要不可欠なので、普段から負けないプレスをしましょう。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.