サッカーが上達する練習メニュー

サッカーの試合で組織を構築するための練習方法

更新日:

サッカーはチームプレーです。

11人、または8人で組織を構築し、闘えるチームが強いのです。

今回は、組織を構築できる練習方法を紹介しましょう。

1.組織の重要性

サッカーは、個人個人の能力が問われるスポーツです。

いくらチーム練習をしても、選手個人のキックやコントロール、パス、シュートの技術が低かったら話になりません。

しかし、外国人に比べて、身体能力が低いという日本人ですが、この身体能力の差を組織で埋めることが出来るのです。

1.組織的な守備

サッカーの試合をテレビで見ていると、「組織的な守備」という言葉を聞くことがあると思います。

この組織的な守備によって、身体能力の高い外国人相手にも良いサッカーが出来るようになるのです。

具体的に言うと、例えば、足の速いFWが相手にいたとします。

この選手と単純に1vs1をやれば、スピードで抜かれる場面が増えると思います。

足の速い選手に対応する方法として、スピードに乗らせないということがポイントとなります。

しかし、逆にそのFW目線で言えば、自分の特徴は足の速さだということは知っているはずなので、スピードに乗ったらこっちのものという意識があることでしょう。
DFはその気持ちを逆手にとって、1vs1の場面ではあえてスピードに乗らせて突破させます。

1vs1を仕掛けたDFは抜かれてしまいますが、チームの組織として、そのDFの後ろにもう一人DFが待ち構えていれば、なんなくボールを奪うことに成功するはずです。

組織とは、相手がどういうプレーをしてくるのか、それに対応するという意味でもあるのです。

1.組織を構築するためには

サッカーで、組織を構築するためには、練習のうちからチームメイトの特徴を知ることが重要となります。

サッカー選手には色々な特徴があります。

足の速い選手、背の高い選手、キックの上手い選手、ドリブルの上手い選手など。

この選手達をどう配置するかで、良い組織が生まれてきます。

例えば、センターバックに体は強いけど、足は速くない選手を二人並べると、1vs1で体をぶつけることが出来れば勝てるけど、裏へスルーパスを通されたら突破されてしまうというシーンが増えるかもしれません。

その場合には、サイドバックに足の速い選手を置き、守備の時にはセンターバックの近くにポジショニングさせ、カバーの意識を持たせることで解決できるかもしれません。

この意識がチーム力を上達させるのです。

テクニック的に上手なチームが相手でも、チームとして組織力が上達していれば、勝つことが出来るのです。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.