サッカーが上達する練習メニュー

サッカーの試合中のためになる動きの練習と知識

更新日:

サッカーでいい試合をするために、チームメイトの連携が必要不可欠です。

そのためにはボールを持った状態での動き「オン・ザ・ボール」と、ボールがない状態での動き「オフ・ザ・ボール」の両方の動きが重要になってきます。

どちらも上達するための練習方法をご紹介します。

1.サッカーの動きの種類

サッカーはプロの試合で45分ハーフの90分で勝敗を決します。

年始にテレビで中継している高校サッカーでは40分ハーフの80分、中学生の公式試合は30分ハーフの60分となっています。

その試合時間の中で、一人の選手がボールに触っている時間はたった数分です。

なので、大半を占めるボールに触っていない時間の動きがとても大切になってきます。

その時間のことを「オフ・ザ・ボール」と言います。

反対に、ボールに触っている時間のことを「オン・ザ・ボール」と言います。

2.オフ・ザ・ボールの動きの練習方法

オフ・ザ・ボールの動きが試合中のほとんどの時間を占めますが、次にいつボールが自分のところに来るかわからないので、いつでもボールをもらえるように準備しておかなければなりません。

具体的には、スペースを作る動き、マークを外す動き、敵を引きつける動きです。

動きのパターンを決め、練習することによって上達できます。

スペースを作るためには、自分についているマークを引き連れて動きます。

マークを外すためには、いったん一方に動き出すと見せかけて反対方向に走ります。

敵を引きつけるには、ボールを持っている選手にアピールすることによって、その選手にボールが来るかもしれないと敵選手が寄ってきます。

この3つを習得することによって、オフ・ザ・ボールの動きは各段に良くなり、試合展開がスムーズになります。

練習方法は、とりかごという、4人で四角をつくりパスを回すゲームです。

中に敵選手に想定した2~3人の選手が入りパスを邪魔します。

これをすることによって、ボールを持っていない選手はどの位置に行き、どのような動きをすればボールが回ってくるかシュミレーションできます。

人数は増やすことも出来ます。

練習試合だけじゃなく、このようなゲームでもしっかりオフ・ザ・ボールの動きを意識することが重要です。

3.オン・ザ・ボールの動きの練習方法

サッカーでは試合中に数分しかないオン・ザ・ボールの時間を最も有効に使うには、やはり周りのオフ・ザ・ボールの動きが重要になってきます。

ボールを待った瞬間、敵選手から一番注目される存在になります。

もちろんボールをとろうと向かってきますし、パスコースもふさがれてしまいます。

そんな時は、チームメイトの動きを見て次のアクションを決めます。

自分でボールを持って進むことができると判断したら、ドリブルをします。

パスを出したほうが有効と判断した場合は、パスを選択しますが、敵にパスコースをふさがれているかもしれないので、慎重に確認する必要があります。

パスをすると見せかけて、ドルブルをして敵選手を欺くことも作戦の一つです。

どれも個人のレベルが上がるにつれて成功率が上がるので、ドリブルとパスの練習が必須となります。

チームメイトとの連携、パターンの共有も必要なので、日ごろからチームメイトとのコミュニケーションも大切にします。

サッカーの試合のすべての時間を最大限に活用するために、オン・ザ・ボールもオフ・ザ・ボールも両方の動きをしっかり練習すれば、チームを勝利に導けます。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.