サッカーが上達する練習メニュー

サッカーで必要不可欠なハイボールの対応の練習

更新日:

サッカーの試合中に逃げてはいけないのが、ハイボールの対応です。

最初は「怖い」「苦手」という気持ちが先走る選手が多いですが、逆にその分、対応が上手くなれば武器になる可能性は高いです。

基礎から練習を積み重ねていき、自分の武器にしましょう!

1.基礎となるジャンプヘッドの練習

まず前提として、ジャンプヘッドができないとハイボールへの対応が上手くできないということになります。

ジャンプヘッドの基礎練習を行い、相手がいない状態できれいにジャンプヘッドを返せるようになりましょう。

まず、2人1組でひたすらジャンプヘッドの練習をしましょう。

片方は投げてあげて、片方はジャンプヘッドをするのを繰り返しましょう。

コツとしては、腕を使ってヘディングをするということで、腕を頭の横に置きヘディングをする瞬間に腕を引くことでヘディングにも勢いが出ます。

まずはこの形を完璧にして、相手にしっかり返せるようにしましょう。

ハイボール対応への第一歩だと思ってください。

2.相手がいる状態でのジャンプヘッド

基礎練習が終わったところで徐々に試合のことを意識していこうと思います。

常に試合のことを意識して練習することが上達に繋がるということを忘れないでください。

まずは3人1組を組んで、1人はボールを投げる役をして、残りの2人は競り合ってジャンプヘッドできた方が勝ちというゲーム感覚でやりましょう。

この練習である程度、空中戦の感覚はつかめるかと思います。

ハイボールの練習であるため、出来るだけ高めのボールを投げてあげるようにしましょう。

3.大人数での空中戦の練習

実際のサッカーの試合ではハイボールを競り合う2人以外にも周りに選手はいます。

競り合う選手以外の選手は競り合ってこぼれたボールいわば、「セカンドボール」に反応しなければなりません。

サッカーの試合ではこのセカンドボールを取れるか取れないかでその試合展開が大きく代わってきます。

まずは、3人のチームを作りパスゲームを行います。

しかし、ゲームの始まり方を少し変えて、始まる際にはゲームに出ない選手が高くボールを蹴ってコート内に入れて、競り合うところからスタートさせましょう。

これだけで競り合いから始まる展開なので、セカンドボールへの嗅覚も磨かれ、試合中でも活きてくる練習になります。

罰ゲームを設けて、緊張感を持たせるとさらに上達するかもしれません。

-サッカーが上達する練習メニュー

Copyright© サッカーが上達する練習メニュー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.